FC2ブログ

大正10年の山梨日日新聞「妖怪研究」① 

梅雨時のうっというしい気候が続いています。
そんな中、大学の前期の講義も3分の2を過ぎて、いよいよラストスパートです。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 残雪もかなり少なくなっているようです。
20180622風景

さて、前回の記事では、明治9年(1876年)の山梨[ママ]日日新聞に掲載された「 アリエ 」の記事を紹介させてもらいました。その流れの中で、同じく 湯本豪一 氏の編集にかかる 『大正期怪異妖怪記事資料集成(上)』(国書刊行館、2014年) を眺めていたところ、興味のある連載を発見しました。

その連載は、山梨日日新聞大正10年(1921年)10月29日から同年12月18日にわたって連載した「 妖怪研究(一)~(三十八) 」です。

妖怪研究とは銘打っているものの、採用されているエピソード(実験談)は、ほとんど幽霊譚(死に際しての知らせも含む)であり水木しげる 先生的な妖怪も、柳田国男 先生的な妖怪も出てきません。どんな妖怪出てくるかとちょっと期待していたのですが・・・
とはいうものの、せっかくなので、リストにまとめて、以下のとおり画像を張り付けておきました。ご興味を引けば幸いです。

-------【アップ後加筆】
記事アップしてみたところ、下記のリスト画像はポップアップしないと見づらかったので、アップ後の加筆として、タイトルのみあげておきます。

(一) 幽霊は実在するか
(二) 小兒の幽霊
(三) 惨殺されし女の亡霊・・・第三者にも見ゆ
(四) 老婆の包帯姿 目撃したものが二人
(五) 死の事実を =人に告げ知らす
(六) 花魁の幽霊 =何も知らぬ人の部屋へ
(七) 横浜から甲府迄 =姉の魂が来た
(八) 納棺の姿其儘に =声迄かけて兄を呼ぶ
(九) 朝餉の仕度せる =母の傍に愛兄の姿
(十) 神憑りといふ事 =神体を盗んだ男
(十一) 水死人の知らせ =漁夫、銛が残る
(十二) 怪しき光り物と血塗れ姿(上) =日露役の戦死者
(十三) 怪しき光り物と血塗れ姿(下) =日露役の戦死者
(十四) 死人が打つ電報 =葬式後十一日目に
(十五) 夢の話(上) =愛兒の死の前に
(十六) 夢の話(下) =小松怨霊の有縁の婦人尋来る
(十七) 白昼幽霊と立話 =ほくろの数迄勘定した
(十八) 死人のお暇乞 =落合村から信州迄
(十九) 神器の祟り? =手にしたもの皆病む
      樹木の精? =斧を下せぬ相生の松
(二十) 女巡礼の呪い? =怪火に一村全滅
(二十一) 稲荷様のお使? =見慣れぬ二人の子供
(二十二) 狐の御馳走 =名医の恩に感じて
(二十三) 幽霊を見た人の話 =手をかけた刹那消ゆ
(二十四) 紫矢絣の美女 =桜井剣道教師の実験
(二十五) 死の予感 =倉田白宰氏の書簡
(二十六) 弘法大師の奇瑞? =枕許に仏像の腕・・・
(二十七) 死霊の住む家 =催眠術で少女が語る 壁に残る怪しき影
(二十八) 幽霊の添乳で成長した人 =現に生存して居る
(二十九) 夢遊病者の魂? =フワフワと舞ひ歩く
(三十) 便所の丸髷姿 =連隊士官も青くなる
(三十一) 姉の亡魂が =遠く満州まで
       愛する女中の許に =主人の死の知らせ
(三十二) 経を読む石地蔵 =大正8年中にも読んだ
(三十三) まさかと思って居た、地蔵が経を読む =養父が死の前に
(三十四) 改札口に亡き妻の姿 =最近の出来事
(三十五) 生霊の訪問 =相思の男女間にて
       神隠しに会った男 =一週間行方不明
(三十六) 魂の持って来た風呂敷包み =弟妹三人の許へ
(三十七) 霊魂の実体(一)
(三十八) 霊魂の実体(二)

発生時期や発生場所、内容の概要は、面倒でも以下のリスト画像をポップアップしてご覧ください。
【加筆おわり】-------

妖怪研究1
妖怪研究2

このあとも不定期にではありますが、この記事の中から何編か--できれば幽霊譚や神仏譚以外で--をピックアップして紹介してゆきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/06/22 Fri. 11:25 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 大正10年の山梨日日新聞「妖怪研究」②  |  アリエ現る(1876年6月17日付け山梨日日新聞) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2019-04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30