FC2ブログ

甲信御岳参詣道の復活⑪-オオカミ伝承(その6) 

大学の講義もあと1週間になりました。
研究室の庵主も企業の勤め人時代に比べて忘年会は減りましたが、それでもいくつか入って疲れ気味です。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 積雪の範囲が少しづつ広がっているようです。
20171215風景

金峰山西口方面の続・オオカミ伝承
現在の北杜市でも大泉町や高根町は金峰山の参詣道には直接関係はないようです。これらの町域も、西口の隣接地ということで引き続いて伝承を取り上げてゆきたいと思います。

●長坂町誌編纂委員会『長坂町誌 下巻』(長坂町、1990)

[西2-1]
  棺を穴に埋めてしまった後、旗・ちょうちん・幟などをつけてきた竹を弓なりに曲げて盛り土の上に刺しておく。これはメッパジキともいいオオカミが来て土を掘り返そうとしても弾いて追い返してしまうようにとの解釈が加えられているが、これも鎮魂の呪いのひとつと考えてよさそうである。今日では墓場が乱れてしまうということで、竹を刺した後はひとまとめにして上部で縛ってしまう。また盛り土の上には石を置いて目印にするというが、これまた鎮魂の呪いである。868



●高根町『高根町誌 通史編 下巻』(高根町、1989)

[西3‐3]山の神の石祠
  東井出集落の上から原長沢を通って、窪長沢で佐久還往に合流する古い道を誰いうことなく三峰街道と呼んでいる。秩父の三峰神社へ代参の人がお参りのために行く道である。三峰参りだけでなく多くの巡礼もこの道を通ったことだろう。
  この道沿いで、船形神社の西の林に、一つの石祠が建立されている。これはつぎのようなことが伝承されている。ある年の秋、白倉某氏の先祖の翁が長沢よりの帰り道、この付近で“やまいぬ”もおそわれた。その後、村民の危害よけに“やまいぬ”を祀ったのだという。以後この道には“やまいぬ”の危害はないといわれている。(植松清秋)918


[西3‐7]山犬のお礼
  大正の初期、六十歳をこえたわが家の祖母から何度も聞いた子守唄代わりの昔話です。
  秋も深くなって、どこの家でも木の葉掃きに精出していたころだったということです。ある朝、おばあさんが雨戸をがたがたとあけると、えんさ(縁側)に大きな山犬がすわっていた。「おっかねえよー」といって家の中へ倒れるようにとび込んだ。しばらく息を整えておそるおそる破れ障子の穴からのぞいて見ると、まださっきのところにすわっている。こまったようと思いながらよく見ると大きな口を開いたままでなんだか涙を流しているようだった。
  おばあさんは『こりゃあ、のどに何かつっかけているな』と思った。障子をあけて山犬のそばに行くと、山犬はしっぽをえんさの板の上で横に振ったので、気をしずめて恐る恐る口の中をのぞいて見ると、大きな白い骨が見えた。おばあさんはこれを取ってもらいたくて家へ来たのだなと思って、「骨を取ってやるからくっつくじゃあねえぞ」といって袖をまくり山犬ののどへ手を入れて骨をとって「ほれーこれをつっかけただぞ。さあ山へけえれ、悪いことをするじゃあねえぞ」とその骨を庭の遠くへ投げ捨てた。
  山犬はしっぽを振って振り返りながら庭を出て行った。おばあさんは、大きな息を肩でして、ぶるぶるっとして家の中へはいったということです。つぎの日の朝、おばあさんが雨戸をあけて見ると、えんさにきれいな大きなきじが一羽置いてあったそうです。(下倉兵文)922


[西3‐8]狼よけ
  昔は狼が多く住んでいたらしい。旅の者も集落の人たちの仕事の帰り、お使いの帰りなどにはずいぶん苦しめられたとのことである。そこで今日は帰りが遅くなる予定の時は、狼の頭がい骨を持って出掛けて狼よけにしたものだと、老人が教えてくれたのをおぼえている。(中島武二)922



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/12/15 Fri. 10:30 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 甲信御岳参詣道の復活⑫-オオカミ伝承(その7)  |  甲府ねこ(重複御免)―通番31号 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2019-04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30