同性婚に関する台湾司法解釈 

研究室のある甲府は今日も真夏日の予報です。

久しぶりの南アルプスはコチラ↓ 久しぶりなのに霞んでいます。
20170530風景

さて、先週末5月24日に、台湾の司法院大法官会議から、同性婚に対する注目すべき司法解釈748号が公表されました。たまたま、1年生の演習でLGBT問題を調べてもらっているので、研究室の庵主もこの週末原文を読んでいました。今回は折角読んだこともあり、少し紹介しておきたいと思います。

原文のURLはコチラ↓ 英文のプレスリリースもついています。
http://jirs.judicial.gov.tw/GNNWS/NNWSS002.asp?id=267570&flag=1®i=1&key=&MuchInfo=&courtid=

司法院大法官会議が示した司法解釈は以下のとおりです(拙訳御免)。
1.中華民国民法の婚姻規定は、同性カップルが共同生活を営むために親密性かつ排他性を有する、永続的な結合関係を形成できる範囲で、中華民国憲法22条の婚姻の自由と同7条の法の下の平等に違反している。
2.関係機関は、本解釈公布の日から2年以内に、本解釈に従い関連法規の修正あるいは制定をおこなうべきである。
3.いかなる形式で婚姻の自由と法の下の平等を達成するかは、立法形成の問題である。
4.関連法規の改正等が間に合わないときは、同性カップルは永続的な結合関係を成立させるため、現行の婚姻規定により、2名以上の証人の署名のある書面をもって、戸籍機関に結婚登録をすることができる。


この解釈とその理由づけについては、家族法や台湾法、あるいはLGBTに関する専門家(たとえば、鈴木賢明治大学教授などが有名)から適切なコメントが出されているようなので-まだ見ていません-、庵主は興味を持った点だけを書いておきたいと思います。

大法官会議は、婚姻制度が子孫を残すことへの保証制度と考えることについて、根拠のないものとしています。すなわち、婚姻規定は、生殖能力を婚姻の要件としておらず、婚姻後に子供ができないことをその無効や離婚の要件としていないことから、子孫を残すことが婚姻の不可欠の要素ではないと言い切りました。

これまでの「婚姻」「結婚」という語感からは、違和感を持つ人たちがいるかもしれません。その点では新たな制度か名称をあたえるべきなのかもしれません。

説示の後先は逆なのですが、大法官会議は、次のようにも述べています。すなわち、同性カップルの永続的な結合関係を成立させることは、異性カップルに適用される現行の婚姻規定の効力に影響を与えないし、また異性カップルによって構成されてきた社会秩序を改変するものではない、と。

この点、説明のために、日本民法における婚姻の効力を見てみましょう。日本民法では、①夫婦同氏(民法750条、751条)、②同居・協力・扶助義務(民法752条)、③成年擬制(民法753条)、④夫婦間契約取消権(民法754条)、⑤貞操義務、⑥相続権(民法890条)、⑦婚姻費用の分担(民法760条)、⑧日常家事債務の連帯(民法761条)や⑨嫡出推定(民法772条)などがあげられます。この中で同性カップルとして不都合が生じるおそれがあるのは、子が絡む嫡出推定のみです。

具体的には、第三者の精子によって懐胎した女性とそのパートナーがいた場合、このパートナーと子との関係をどのように規律するかの問題が生じます。ただし、この点はパートナーが男性であったとき(異性婚)でも、生殖補助医療の問題として議論が必要なので、同性婚を否定する理由にはなりません。

台湾の今回の司法解釈は、アジア初とのことです(25日付け日経新聞朝刊社会面)。今後どのようになるのでしょうか。門外漢ながら注目してゆきたいと思います。

最後に本件司法解釈によると、30年間にわたり権利を主張してきた祁家威さんに対し、敬意と祝意をささげるため、写真を掲載しておきたいと思います。
家威    zh.wikipediaより
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/30 Tue. 11:17 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 研究室の窓から見える南アルプスの状況だけ  |  長虫さんが出てくる季節になりました(備忘録) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31