御岳金櫻神社の大々神楽を参観してきました。 

昨日土曜日に以前にお話しした御岳参詣道を再興しようというグループの方に誘われて、御岳金櫻神社で催される大々神楽を参観してきました。今回は春の大祭(土曜日は前日祭、日曜が本番だったようです)。

境内から御岳の里はコチラ↓ 山里ではちょうどサクラが盛りでした。
20170422金櫻1

次第としては、まず一連の神事が行われた後(ここで地固めも場の清めも行われました)、いよいよお神楽の開始です。

まずは、さまざまの神様による舞が行われました。

戸隠の神
20170422金櫻2
天鈿女命
20170422金櫻3
御崎の神
20170422金櫻4

このあたりから演者さんの都合があって演目の順番が少し聞いていたのと変わってきました。

遍幣の舞? 道教・陰陽道の地固め「返閇」が訛ったものかもしれません。
20170422金櫻5

さらに、剣舞、四弓と続きました。いずれも清めの意味があるのでしょうか?
20170422金櫻6
20170422金櫻7

四弓で使用された矢の矢羽には「交通安全」とか「家内安全」との祈願文と一緒にお守りがついており、これを観客に向けて射っていました(実際はほとんど飛ばず・・・)。魔よけの弓の場合、弦で音を鳴らすことが行われるので、実際に射るっていうのは初めて見ましたが、あとで少し調べてみるとあちらこちらで行われているようですね。

金櫻神社では、神使が白狐と狼とされているそうです。このあたりも複合的な信仰の来歴を感じます。

で、お神楽では白狐の舞が行われます。狼に関する舞はあるのかしらん。
20170422金櫻8

この後、一番物語性があると思われるる稲田姫と大蛇が舞われ、クシナダヒメの持つ巻物をめぐる争いが演じられました。
20170422金櫻9

一旦は巻物を大蛇に奪われますが、スサノオ(?)によって取り戻され、クシナダヒメとスサノオは仲良く退場です。
20170422金櫻10

そして演目の最後は、大山祇が舞われ(過去の写真を見てもこの舞が最後のようです)、お餅撒に突入し、無事に大々神楽が終了に相成りました。所要時間は昼休憩を入れて、約4時間でした。
20170422金櫻11
20170422金櫻12

保存会のみなさんお疲れ様でした。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/23 Sun. 15:51 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 甲府のノラ(重複御免)-猫編29号  |  甲府のノラ-猫編28号 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31