立証責任について 

昨日後期入試の合格発表もおわり、いよいよ来年度モードに突入の研究室です。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ やはり昨夜のお山は雪だったようです。
20170322風景

最近、「森〇学園」に関する国会での質疑において、どこかの首相が
「立証責任は野党であるあなたがたにあるんですよ」
逆切れする場面をテレビで見たことがあるのではないでしょうか?

どこかの首相は、法律(訴訟法)用語として「立証責任」を使用しているわけではないのでしょうが、訴訟法の専門家ではないまでも、法律をかじっている庵主としては用語法に違和感を感じてしまいました。

訴訟法の教科書(それも手元にある刑事訴訟法と民事訴訟法の教科書。庵主は専門ではないので、少し古い版になっています。)を見てみると、立証責任という用語は使われず、挙証責任(刑事訴訟法)と証明責任(民事訴訟法)という用語が使われています。いずれも両義的な用語なのですが、先ほどの逆切れ発言を訴訟法上の用語と対照してみると、争いになっている事象の存否について、
誰が証拠を提出しなければならないか?
という意味(主観的挙証責任・主観的証明責任)で使われているようです。

その責任の所在は通常法令で定まっています。
一般論的にいうと、その事実の存否を主張する側が主張することとなります。
まあ、当たり前といえば当たり前ですね。

ただし、主張された側の当事者が証拠物を滅失させてしまったときにはどうなるのでしょう。
刑法上は、被疑者が証拠を隠滅しないことは期待できないとして、刑事罰の対象になっていません(刑法104条参照)し、上記の立証責任に特段の影響は与えないようです(自信なし)。民事訴訟上は、証拠文書を滅失等させた場合について、証明責任の軽減あるいは転換を認める規定が置かれています(民訴法224条)。

今回は国会と政府との関係です。
訴訟とは事実の存否を争う両者の状況が全く異なりますね。

これらを踏まえて、どう考えるかは国民一人一人への宿題です。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/22 Wed. 16:43 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 御岳参詣道は復活するのか  |  甲府地裁平成民事判例の紹介(12・完)-平成27年10月6日判決 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31