「行く行く詐欺」にならないように―甲州街道笹子峠 

勤労感謝の日の今日は大学もお休みでした。
そこで、天気もいまひとつではありましたが、同僚に対して「 行く行く詐欺 」と言われないように、甲州街道の 笹子峠 に徒歩で行ってきました。

その同僚は、勝沼関係の仕事を請け負っており、研究室の庵主は何かの拍子に彼に対し
今度、笹子峠に登る予定にしている!
と言ってしまったのです。先任の教員としては、ここはひとつ有言実行というところをみせてやろうとのやせ我慢でした。

本日のスタートは、JR中央線塩山駅9時7分発の甲州市民バス天目山(栖雲寺)行きに乗り、心霊スポットとしても有名な旧笹子トンネルに最も近い「日影上バス停」でおりて、いよいよ登りがスタートです。

日影上のバス停はコチラ↓ 笹子峠入口というバス停もありますが、かなり手前です。
201611232笹子1

上の写真の正面(カーブの左側)が旧甲州街道なのですが、途中で堰堤で遮られているとのこと(近所で掃除をしていたおじさん談)なので、アスファルトの車道を歩いてゆきました。
でも表示がないと旧道にはいっちゃいますよね。観光協会の方、何とかしてほしいです(その1)。

ちなみに、正面の橋の名前は「天狗橋」。天狗にいじわるされないといいんのですが・・・

車道の途中にあった史跡の標識はコチラ↓ 笹子峠まであと3.8キロです。
20161123笹子2

川沿いの少し広くなった土地です。
このあたりは旧甲州街道上に車道ができているのですね。

笹子峠まで3.6キロのところで、いよいよ車道と離れて地道になります。

旧道との分岐はコチラ↓ 案内板によると地元の日影の人たちも整備をしてくれたそうです。
201611223笹子3

念のため、案内板はコチラ↓ 金田一春彦先生の作詞の歌がきっかけなんですね。
20161123笹子4

少し登ると、峠道と自害沢天明水の分岐の標識がありました。天明水の方を探索したのですが、途中で道がなくなっており、断念しました。

分岐の案内標識はコチラ↓ 観光協会の方、何とかしてほしいです(その2)。
20161123笹子5

馬頭観世音の倒れた標識があったので、また探索したのですが、ご縁がないのか、お会いすることができませんでした。
中央線や国道20号ができるまでは、お馬さんが活躍したのですね。

倒れた標識はコチラ↓ 観光協会の方、何とかしてほしいです(その3)。
20161123笹子6

峠道はいくつか小さな沢を越えるのですが、橋があっても朽ちているのではないかとか、そもそも橋がないとか、雨がふったら大変そうとか、なかなかスリリング。

沢を渡る3連発はコチラ↓ 3発目は、分かりにくいですが、枯れた沢です。
20161123笹子7
20161123笹子8
20161123笹子9

また茶屋跡の標識が・・・。2か所もあるとは、余程の難所だっただけでなく、かなりの交通量があったことが推測されます。

2つ目の茶屋跡の標識はコチラ↓ ここも車道と接していました。
20161123笹子10

一気に登ると、いよいよ旧笹子トンネルの前を峠道は横切ります。

横切るのはコチラ↓ 旧笹子トンネルは右手すぐです。峠道は正面になります。
20161123笹子11

噂の旧笹子トンネルはコチラ↓ 心霊好きの方へのサービスショット
20161123笹子12

旧笹子トンネルが目的地ではないので、さらに峠道を登ります。峠道の下に旧笹子トンネルが見えますね。

峠道から見下ろす旧笹子トンネルはコチラ↓ ちょうど峠の真下をトンネルが通っているのですね。
20161123笹子13

いよいよ笹子峠が見えてきました。その前に、天神社に御礼のお参りをします。
なぜ天神社が祀られているのかというと、どうも雷除けのようです。山では雷が怖いですからね。

神さびた天神社はコチラ↓ マイルールで正面からは撮影しません。
20161123笹子14

笹子峠はコチラ↓ まさに峠です。
20161123笹子15

笹子峠はコチラ2↓ 標識が東京側を向いている。観光協会の方、何とかしてほしいです(その4)。
20161123笹子16

K地先生! 発言どおり、笹子峠に登りました! 有言実行のいなけんです(キリッ)!

--------
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/23 Wed. 21:32 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 穂見神社の資本金貸しを拝見しました。  |  ワインと神々への祈り »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31