ワインと神々への祈り 

研究室のある甲府もここ数日寒さが緩んで過ごしやすくなっています。

今日の研究室の窓から見えた南アルプスはコチラ↓ 昼ごろから雲が切れてきました。
20161115風景

今日の日経朝刊の社会面に、奈良の大神神社(奈良県桜井市)に新しい大杉玉が飾られたという記事が出ていました。研究室の庵主は、いまでも原則毎月お参りしており、非常に身近な話題です。

記事はコチラ↓
大神神社杉玉

この杉玉は「新酒ができましたよ」のしるしになります。昨日に、大神神社で行われた「酒まつり」に参加した酒造家に配布されているそうです。醸造という自然の力を利用したものの場合、古来神仏の加護を求めてきたことが脈々と続いているのでしょう。

研究室のある山梨は、日本酒よりワインということもあり、先日2年生向けの実習の時間に、ワインの場合を取り上げ、「ワインと神仏への祈り」という標題で30分くらい話をしてみました。

その時のパワーポイントはコチラ↓ パワポも一応ワイン色ベース。
ワインと神仏への祈り

先に出た大神神社と酒造家との関係の由来を日本書紀崇神天皇紀や同神社で行われている「酒まつり」の話をしたあと、いよいよワインの話です。

結論を先取りすると、ぶどうやワインを対象とした神事は意外と少なく、そのなかでも有名どころでは次のようなものがありました。

-ぶどう-
大善寺の「ぶどう薬師」
  甲州市勝沼町勝沼にある大善寺のご本尊は、薬瓶のかわりに、ぶどうを手に持たれていることに特徴があります。近隣のブドウ農家さんたちの信仰は篤い。同寺の藤切会式が済むといよいよデラウエアの手入れが本格化する。お寺でぶどうもワインも作っています。
  大善寺のURLはコチラ↓ ご本尊の写真もあります。
  http://www.katsunuma.ne.jp/~daizenji/index.html
JAフルーツ山梨菱山支所のジベデラ不動尊
   甲州市勝沼町菱山にあるJAフルーツ山梨菱山支所では、同地区の大滝不動尊から分霊を受けたジベデラ不動尊を敷地内にお祭りしており、組合員の信仰を集めている。ジベデラとはジベレリン処理(種なし処理)をしたデラウエアのこと

-ワイン-
一宮浅間神社山宮神幸祭でのワインの奉納
   笛吹市一宮町一ノ宮に鎮座する浅間神社の山宮神幸祭(毎年3月)では、1990年代から日本酒にかわりワインの奉納が行われています。お祭り自体はワインとは直接関係ないのものの、ワインの奉納は少しづつ増えているようです。
   一宮浅間神社のURLはコチラ↓ ホームページには言及ありません。
   http://asamajinja.jp/
一宮浅間神社でのワインコルク感謝祭
   笛吹市にあるワイナリーが会員となっている笛吹市ワイン会が主催の神事。俗称は「コルク祭り」。

山梨では神仏への祈りは少し薄目でした。その理由は定かではないのですが、もともとワインの製造技術は明治期に西洋から輸入してきたものなので、科学であって、神仏になじまないのではないかとの説があります。しかし、そこは神仏習合、八百万の神々を文化としてきた日本なので、神仏への祈りが広がってゆくかもしれません。

なお、研究室の庵主は一応法学が専門なので、どうかと思いながら、担当講義の割り当て時間を少しもらって話をした次第でした。来年はこの話をしないでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/15 Tue. 17:52 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 「行く行く詐欺」にならないように―甲州街道笹子峠  |  甲府のノラ-自由な家猫編1号 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31