甲府地裁平成民事裁判例の紹介(9)-平成18年2月15日判決 

いよいよ10月も末となり、研究室のある甲府も肌寒い週末でした。

今朝の南アルプスはコチラ↓ 富士山は冠雪したようですが、鳳凰三山方面はまだのようです。
20161031風景

さて、本日の紹介裁判例は、宝石の販売業者が隣接地でのマンション工事が原因で損害を被ったと主張する-甲府地裁平成18年2月15日判決(裁判所ウェブサイト掲載判例)-です。法学的には立証不備による、当たり前すぎる判決なのですが、甲府の地場産業である宝石販売業者が当事者ということで取り上げてみます。

【事案の概要】
土木建築業者である被告Yは、ダイヤモンド、宝石の輸入、輸出、国内販売等を目的とする原告Xの事務所のある3階建てビルの近くで、マンション建設工事を行っていた。平成17年1月から2月にかけてのある日の朝、原告Xの代表者が事務所の机の上においてあった283gの天然グリーンベリル・アクアマリンが床下に落下しており、亀裂が生じていた。原告Xは、事務所からの帰宅時には机にあるのを確認しており、いままで宝石が机上から落下したことがないことから、被告Yの実施した工事により発生した強度の振動以外に原因は考えらないとして、亀裂が生じたことによる損害679万円余の損害を請求した事案である。

【判旨の概要】 請求棄却
裁判所は、「原告の請求が認められるためには、まず第1に、被告の工事によって発生した振動により原告事務所の机の上に置いてあった宝石が床上に落下したことが証明されなければならない」という損害賠償請求の原則論を述べた上、本件では原告Xからその証明がなされていないと請求を一蹴した。むしろ、落下した状況を誰も見ておらず、被告Yの工事以外の原因が不在の間に発生しているはずであり、宝石の落下原因が被告Yの工事だけしかないと断言することは到底できないし、宝石の落下を発見した日に関する主張が二転三転していること、また、被告Yが行ったとする「山留め工事」では大きな振動が生じないことの証拠が被告Yから提出されていることからすると、被告Yの工事と宝石落下事故との間に因果関係が存在すると認めることはできないし、そもそも宝石落下事故の発生自体についても疑いなしとはいえない

【簡単な紹介】
1)甲府は、江戸時代中期から水晶の研磨加工が行われており、現在でも有力な地場産業です。甲府市ウエブっサイトの子供向けページ<わくわくキッズ>に以下のような紹介が出ています。

 「研磨宝飾(けんまほうしょく):
甲府市は、ドイツのイーダオーバーシュタイン市とならび「世界二大宝石加工の街」に数えられるほど、宝石加工がさかんなところです。
甲府市では、宝石(ダイヤ、サファイヤ、エメラルドなど)や貴金属(金やプラチナなど)を使って、指輪・ネックレス・イヤリングなどのアクセサリーや、置物・茶器のように家にかざるものなどがたくさん作られ、日本全国で売られています。
むかしは、甲府市の北部でとれた水晶を使っていましたが、今は世界中から仕入れた水晶や、人工水晶を使っています。また、今は水晶・宝石・貴金属をつかった新しい品物の開発や、ほかの地域の伝統産業と組み合わせた新しい製品の開発も行っています。」

2)原告のいう宝石、天然グリーンベリル・アクアマリンは、非加熱で緑色のアクアマリンのようです。女心の分からない庵主にはチンプンカンプンなのですが、あまり高価なものでもなようです。原告Xの主張によると宝石の価値は1グラムあたり15万円とのことですが、果たしてどうなのでしょうか。
3)最近の裁判例は仮名が一般的で、その上でこのシリーズでは実名を調べて、さらっと触れたりすることもありますが、今回は原告の名誉を考えて、調べていません。
4)不法行為に基づく損害賠償の要件は、①加害者の故意または過失、②被害者の権利侵害、③損害の発生、④上記②と③の因果関係の存在となり、これを被害者が立証するのが原則です。②が全く立証されていません。原告は代理人弁護士を依頼していたのか・・・不明です。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/10/31 Mon. 17:13 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 南アルプスの山々も冠雪しました  |  留年について-京都大学カウンセリングルームの呼びかけ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31