南巨摩不思議探索プロジェクト(0) 

研究室の本日は懸案の科学学術研究費(科研費)の申請を学内申請を終え、一段落しています。
ここ2~3週間バタバタとしていたため、更新がおろそかになってしまいました。

久々の研究津の窓からの南アルプスはコチラ↓ 朝から少し雲が出ています。
201029風景

このブログでの連載物としては、「甲府のノラ」と「甲府地方裁判所民事裁判例の紹介」の2つで、不定期に掲載しているところですが、今回新連載にしたいなという希望も込めて「南巨摩不思議探索プロジェクト」を始めたいと思っています。南巨摩というのは、山梨県南部にある郡の名前で、現在の行政区分でいうと、富士川町、身延町、南部町、早川町の4町が含まれています。これらは富士川(山梨県内では釜無川)流域と南アルプス南部の山塊地域が含まれ、長野・静岡両県と境界を接しています。

プロジェクトをはじめるきっかけは、同僚の先生がある町から町おこし・町づくりのアドバイスの依頼を受けたことから、調査に誘われたことにあります。庵主には、町おこし・町づくりの知見も能力もないので、自分の興味ある分野(不動産利用)の調査をはじめる予定なのですが、それと並行して趣味的部分になる不思議な事象(異界・異人・妖怪などなど)を調べて行きたいと思っています。その備忘録的な記事を随時掲載してゆきます。

第0回の今回は、南部町の町誌(南部町誌編纂委員会編『改訂南部町誌(上・下)』(1999年))から、いくつか話を拾ってみました。若干書き換えていますが、できるだけ町誌をなぞっています。
●異人(場所:南部町船山温泉、話者:遠藤貞長氏(M33生)、下巻1056頁、著者:堀内真=渡辺修孝)
  ある時船山温泉に大きな男が現れて休ませてくれといった。そこの主人は恐ろしいので飯を出したところ「メシにしないものをくれ」といいったので、生米を出したらそれを食べてしまった。その姿は、足にはスズ(スズ竹)を編んだものをはき、サルオガセを着ていた。主人がこれからどこに行くのかを尋ねたら、富士山へ行くと答えた。
●狐狸妖怪(南部町成島、渡辺正氏(T9)、下1060、堀内真)
  昔名主をしていたトワリザワという屋号の家に、建長寺から来たという和尚が駕籠にのって、隣村からやって来た。偉いお坊さんが来たということで、村中を動員して歓待したそうだ。ところが、二の膳つきのごちそうを用意したところで、そのお坊さんは村人を全部部屋の外に出し戸を締めさせてしまった。不審に思った一人が戸をそっとあけて中をうかがうと、建長寺さんは汁もオカズも飯も全部膳の上にぶちまけて、四つん這いになって、箸も使わずに食べ、あともきれいになめてしまった。そして器をもとのままに並べていた。いつの食事でもこの通りであった。その後、このお坊さんは成島を発って甲府に向かったが、甲府盆地のある村に行ったところ、闘犬がお坊さんを食い殺してしまった。お坊さんの死体は一週間ほどは人間のかっこうをしていたが、やがて狐[ママ]の正体を現した。
●異人・幽霊?(南部町大岱御坊沢、渡辺正氏(T9)、下1062、同上)
   大岱の御坊沢には白を着たお坊さんが現れることがあった。

このようにまずは文献に出てきたものを紹介したいと思います。

南部橋東詰あたりから南部町南部方面を望んだのかコチラ↓
20150924南部町
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/29 Thu. 15:19 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 甲府地裁平成民事裁判例の紹介(4)-平成20年10月10日判決  |  甲府のノラー猫編19号 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31