上場企業の株主総会集中日 

今日の甲府は爽やかに晴れています。

今朝の研究室の窓からの南アルプスはコチラ↓ まだまだ雪山が残っています。
20150521風景

さて、今日の日経新聞を見ていると、3月期決算企業の定時株主総会の集中日からの分散がピークを越えたという記事が出ていました。研究室の庵主は大学に就職する前の企業でも、株主総会の準備を横目で見ており、多少興味を惹かれました。

日経新聞電子版の会員の方はコチラから↓
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20I3Z_Q5A520C1TI1000/
そうでない方のための記事の引用はコチラ↓

「株主総会の分散は一服 3月期上場企業、6月26日に1000社超」
 ピーク日を避けて株主総会を開く流れが、今年は一服しそうだ。2448社の3月期決算企業を対象に日本経済新聞が調べたところ、今年の集中日は6月26日(金曜)1021社が予定する。前年から約70社増え、全体に占める割合も42%と前年(39%)を超えた。
 総会で提示した決算の有価証券報告書を期末から3カ月以内に提出する必要上、3月期企業の総会は6月末に集中する。実務上は準備期間を長く取りたいが、総会が混乱し日付を変わるリスクを考えると「最終営業日の前営業日」が期限だ。
 今年は29日だが月曜日の場合、前週末の開催が多い。週末に突発事故が起き総会に影響する事態を避けるためとされる。このため集中日を避けるには土日も含めると通常より4日以上繰り上げる必要があり、ハードルが高い。


なぜ、総会が集中するかというと、上の記事にもあるように、①決算事務を考えるとできだけ6月末日に近い方が良い、②総会がその日に終了しないリスクを想定し、余裕を見る必要がある、ということは開催するすべての会社に共通しています。また、最近では少なりなりましたが、総会屋さんが来づらいようにとかの思惑が働いたことも関係しました。

だだし、現在は決算処理へのコンピュータ利用が進み、また、投資家対策として、早い時期に決算が固めるようになったことから、①への圧力は減っています。また、個人株主を含め、多くの株主に参加してもらうことで、株主に対して理解があるという姿勢が示すことができると考えられるようになりました。そのため、集中日からずらす企業が増えてきたところです。
ところが、今年のカレンダーを見ると、26日開催だけでなく、29日開催や26日以前の開催も候補にできましたが、これも記事にあるようにいろいろ問題があったということですね。

研究室の庵主もいくつかの会社の株式を持っていますが、会場を遠く離れた甲府にいるので、今年も出席よていはありません。パソコンでの議決権行使だけになります。

それに、研究室の庵主は、6月26日は、出前授業といって高等学校に出かけて、講義をする予定が入っています。きっとその週は、講義準備に追われて、総会出席どころではないと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/05/21 Thu. 12:21 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 姥捨てなのか?日本創生会議の提言  |  甲府地裁平成民事裁判例の紹介(3)-平成21年10月27日判決 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31