穂見神社の資本金貸しを拝見しました。 

今日の甲府は、ここ1週間では比較的過ごしやすい日和です。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 先週は真っ白だったのですが、今日は紅葉です。
20161128風景

さて、先週の火曜日に、都市計画の同僚の先生のご配慮で、南アルプス市高尾にある穂見神社の夜祭りに行ってきました。

闇夜に浮かぶ鳥居はコチラ↓ 立派な鳥居です。
資本金貸し5

このお祭りには、「 資本金貸し 」という風変わりな習俗があり、このブログでも3年前新聞記事をもとに書いたことがあります。

当時のブログのURLはコチラ↓ 字が多いです。
http://nashidaina414.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

今回はナマの資本金貸しを見ることができましたので、メモとして、残しておきたいと思います。

本殿左手の窓口で受け付けいます。

受付の場面はコチラ↓ 明るい写真もあるのですが、あえて暗い写真を・・
資本金貸し4

メニューは、6種類あって、2000円から20000円までの初穂料を納めると、その半額とお札を授けてもいらいます。

掲示されていたメニュー表はコチラ↓ 上段が資本金ですね。
資本金貸し2

大阪のベタなお店で買い物や飲食したときに、300円のところ、お店のおばちゃんが、
「お勘定は300万円!」
と言うのと同じ感覚なのでしょうか?

ちなみに申込用紙にも、「 万円也 」と印刷されていて、真剣モードですね。

資本金申込用紙はコチラ↓ 金額以外は普通です。
資本金貸し1

当日神社で掲示されていた説明書き(写真なし)によると、3年前のブログ記事に書いた江戸時代の寺社金融というより、むしろ種籾などの貸借-古くは律令時代の出挙(すいこ)に遡る?-のようです。種籾等の貸借では、通常収穫後倍返しというのは一般的に行われており、それがだんだんと現在の形にかわってきたようです。
種籾等の貸借から資本金貸し、そして倍返しから半返しというように変化した経緯について、3年前のブログ記事から再度引用すると、

穂見神社総代長の穂坂勇さんによると、昔は実際に100円借りて、翌年に200円返しに来る習わしだったが、しだいに借りるけど返しにこなくなったという。「終戦後だね。神社が損をしていまうから、今の形になった」


そうです。

研究室の庵主は、商売(?)がうまくいっても返礼に伺えないので、資本金はいただきませんでした。

-----------------------
<おまけ>
衣装殿などの改修のための募金を兼ねた、豚汁販売です。1杯=100円で、お得感満載でした。
資本金貸し6

スポンサーサイト

Posted on 2016/11/28 Mon. 14:46 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

「行く行く詐欺」にならないように―甲州街道笹子峠 

勤労感謝の日の今日は大学もお休みでした。
そこで、天気もいまひとつではありましたが、同僚に対して「 行く行く詐欺 」と言われないように、甲州街道の 笹子峠 に徒歩で行ってきました。

その同僚は、勝沼関係の仕事を請け負っており、研究室の庵主は何かの拍子に彼に対し
今度、笹子峠に登る予定にしている!
と言ってしまったのです。先任の教員としては、ここはひとつ有言実行というところをみせてやろうとのやせ我慢でした。

本日のスタートは、JR中央線塩山駅9時7分発の甲州市民バス天目山(栖雲寺)行きに乗り、心霊スポットとしても有名な旧笹子トンネルに最も近い「日影上バス停」でおりて、いよいよ登りがスタートです。

日影上のバス停はコチラ↓ 笹子峠入口というバス停もありますが、かなり手前です。
201611232笹子1

上の写真の正面(カーブの左側)が旧甲州街道なのですが、途中で堰堤で遮られているとのこと(近所で掃除をしていたおじさん談)なので、アスファルトの車道を歩いてゆきました。
でも表示がないと旧道にはいっちゃいますよね。観光協会の方、何とかしてほしいです(その1)。

ちなみに、正面の橋の名前は「天狗橋」。天狗にいじわるされないといいんのですが・・・

車道の途中にあった史跡の標識はコチラ↓ 笹子峠まであと3.8キロです。
20161123笹子2

川沿いの少し広くなった土地です。
このあたりは旧甲州街道上に車道ができているのですね。

笹子峠まで3.6キロのところで、いよいよ車道と離れて地道になります。

旧道との分岐はコチラ↓ 案内板によると地元の日影の人たちも整備をしてくれたそうです。
201611223笹子3

念のため、案内板はコチラ↓ 金田一春彦先生の作詞の歌がきっかけなんですね。
20161123笹子4

少し登ると、峠道と自害沢天明水の分岐の標識がありました。天明水の方を探索したのですが、途中で道がなくなっており、断念しました。

分岐の案内標識はコチラ↓ 観光協会の方、何とかしてほしいです(その2)。
20161123笹子5

馬頭観世音の倒れた標識があったので、また探索したのですが、ご縁がないのか、お会いすることができませんでした。
中央線や国道20号ができるまでは、お馬さんが活躍したのですね。

倒れた標識はコチラ↓ 観光協会の方、何とかしてほしいです(その3)。
20161123笹子6

峠道はいくつか小さな沢を越えるのですが、橋があっても朽ちているのではないかとか、そもそも橋がないとか、雨がふったら大変そうとか、なかなかスリリング。

沢を渡る3連発はコチラ↓ 3発目は、分かりにくいですが、枯れた沢です。
20161123笹子7
20161123笹子8
20161123笹子9

また茶屋跡の標識が・・・。2か所もあるとは、余程の難所だっただけでなく、かなりの交通量があったことが推測されます。

2つ目の茶屋跡の標識はコチラ↓ ここも車道と接していました。
20161123笹子10

一気に登ると、いよいよ旧笹子トンネルの前を峠道は横切ります。

横切るのはコチラ↓ 旧笹子トンネルは右手すぐです。峠道は正面になります。
20161123笹子11

噂の旧笹子トンネルはコチラ↓ 心霊好きの方へのサービスショット
20161123笹子12

旧笹子トンネルが目的地ではないので、さらに峠道を登ります。峠道の下に旧笹子トンネルが見えますね。

峠道から見下ろす旧笹子トンネルはコチラ↓ ちょうど峠の真下をトンネルが通っているのですね。
20161123笹子13

いよいよ笹子峠が見えてきました。その前に、天神社に御礼のお参りをします。
なぜ天神社が祀られているのかというと、どうも雷除けのようです。山では雷が怖いですからね。

神さびた天神社はコチラ↓ マイルールで正面からは撮影しません。
20161123笹子14

笹子峠はコチラ↓ まさに峠です。
20161123笹子15

笹子峠はコチラ2↓ 標識が東京側を向いている。観光協会の方、何とかしてほしいです(その4)。
20161123笹子16

K地先生! 発言どおり、笹子峠に登りました! 有言実行のいなけんです(キリッ)!

--------

Posted on 2016/11/23 Wed. 21:32 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

ワインと神々への祈り 

研究室のある甲府もここ数日寒さが緩んで過ごしやすくなっています。

今日の研究室の窓から見えた南アルプスはコチラ↓ 昼ごろから雲が切れてきました。
20161115風景

今日の日経朝刊の社会面に、奈良の大神神社(奈良県桜井市)に新しい大杉玉が飾られたという記事が出ていました。研究室の庵主は、いまでも原則毎月お参りしており、非常に身近な話題です。

記事はコチラ↓
大神神社杉玉

この杉玉は「新酒ができましたよ」のしるしになります。昨日に、大神神社で行われた「酒まつり」に参加した酒造家に配布されているそうです。醸造という自然の力を利用したものの場合、古来神仏の加護を求めてきたことが脈々と続いているのでしょう。

研究室のある山梨は、日本酒よりワインということもあり、先日2年生向けの実習の時間に、ワインの場合を取り上げ、「ワインと神仏への祈り」という標題で30分くらい話をしてみました。

その時のパワーポイントはコチラ↓ パワポも一応ワイン色ベース。
ワインと神仏への祈り

先に出た大神神社と酒造家との関係の由来を日本書紀崇神天皇紀や同神社で行われている「酒まつり」の話をしたあと、いよいよワインの話です。

結論を先取りすると、ぶどうやワインを対象とした神事は意外と少なく、そのなかでも有名どころでは次のようなものがありました。

-ぶどう-
大善寺の「ぶどう薬師」
  甲州市勝沼町勝沼にある大善寺のご本尊は、薬瓶のかわりに、ぶどうを手に持たれていることに特徴があります。近隣のブドウ農家さんたちの信仰は篤い。同寺の藤切会式が済むといよいよデラウエアの手入れが本格化する。お寺でぶどうもワインも作っています。
  大善寺のURLはコチラ↓ ご本尊の写真もあります。
  http://www.katsunuma.ne.jp/~daizenji/index.html
JAフルーツ山梨菱山支所のジベデラ不動尊
   甲州市勝沼町菱山にあるJAフルーツ山梨菱山支所では、同地区の大滝不動尊から分霊を受けたジベデラ不動尊を敷地内にお祭りしており、組合員の信仰を集めている。ジベデラとはジベレリン処理(種なし処理)をしたデラウエアのこと

-ワイン-
一宮浅間神社山宮神幸祭でのワインの奉納
   笛吹市一宮町一ノ宮に鎮座する浅間神社の山宮神幸祭(毎年3月)では、1990年代から日本酒にかわりワインの奉納が行われています。お祭り自体はワインとは直接関係ないのものの、ワインの奉納は少しづつ増えているようです。
   一宮浅間神社のURLはコチラ↓ ホームページには言及ありません。
   http://asamajinja.jp/
一宮浅間神社でのワインコルク感謝祭
   笛吹市にあるワイナリーが会員となっている笛吹市ワイン会が主催の神事。俗称は「コルク祭り」。

山梨では神仏への祈りは少し薄目でした。その理由は定かではないのですが、もともとワインの製造技術は明治期に西洋から輸入してきたものなので、科学であって、神仏になじまないのではないかとの説があります。しかし、そこは神仏習合、八百万の神々を文化としてきた日本なので、神仏への祈りが広がってゆくかもしれません。

なお、研究室の庵主は一応法学が専門なので、どうかと思いながら、担当講義の割り当て時間を少しもらって話をした次第でした。来年はこの話をしないでしょうね。

Posted on 2016/11/15 Tue. 17:52 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

甲府のノラ-自由な家猫編1号 

自由に出歩いているだけで、ノラじゃないニャ~。

首輪が目に入らぬかニャ!

ノラ27号

Posted on 2016/11/08 Tue. 13:20 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

南アルプスの山々も冠雪しました 

昨夜から南アルプスの山々でも雪が降ったようで、11月の初日に研究室の窓から見える山々も冠雪しました。

今朝の研究室の窓から見える南アルプスの様子はコチラ↓ 2000メートル以上は冠雪でしょうか?
20161101風景1

鳥農岳・北岳方面をズームしたものはコチラ↓ ピンとぼけでいつもすいません。
20161101風景2

甲府盆地もこれからいよいよ冬を迎えます。
本当の寒さは、研究室からは見えない八ヶ岳方面から釜無川(富士川)を吹き降ろす「 八ヶ岳颪 」が本格化してからになります。

Posted on 2016/11/01 Tue. 13:12 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2016-11