最近読んだ本-安保法案国会可決を受けて 

世間では土曜日でお休みのところも多いでしょうが、甲府にいるときには、何かと用事の研究室の庵主は登校しています。
シルバーウイーク前後は実家の用事やら関西の研究会の用事やらでバタバタし、約2週間ぶりの更新です。

今日の研究室の窓からの南アルプスはコチラ↓ 夕方近くなりましたが、雲に覆われています。
20150926風景2

シルバーウイーク前の18日未明にあの安保法案が参議院を通過しました。法律でご飯を頂いている立場として、民主主義や立憲主義を守ってゆく不断の言論や行動が必要であることを改めて感じています。

今回これらの出来事を受けて、以前から気になっていた2冊の新書本に目を通してみました。
庵主は大学教員なので、ある意味本を読むことも仕事の一環であり、このブログではいちいち読んだ本を取り上げることはあまりしないのですが、ちょっと備忘録も兼ねて紹介したいとおもいます。

その2冊とは、水木しげる=荒俣宏『戦争と読書 水木しげるの出征前手記』(角川新書、2015年)高橋源一郎『ぼくらの民主主義なんだぜ』(朝日新聞出版、2015年)です。

この2冊の表表紙はコチラ↓ 宣伝帯付きです。
最近読んだ本

水木=荒俣(2015) は、「墓場の鬼太郎」や「悪魔くん」で知られた妖怪漫画の大御所である水木しげる先生が昭和17年(1942年)11月前後に書かれた手記とそれに対する荒俣宏氏の解説からなっています。手記が書かれた昭和17年10月~11月は、20歳になった水木先生が徴兵検査を受けたその直後となります。また、緒戦の日本軍の快進撃が止まり、連合軍からの反撃が始まった時期でもあります。

戦争による死が避けきれなくなった水木先生の苦悩と、その苦悩の解決を書物に求めたことが生々しい手記となって残っていました。本当は通読しないと、その試行錯誤は理解できないと思いますが、誤解を恐れず、それは措いて、手記からいくつかのフレーズをメモしておきましょう。

深く知らなければ救はれない・広く浅くでは駄目だ。(昭和17・10・2)

宗教には情熱があるけれども道徳にはない。だから道徳はいやだ。(昭和17・10・16)

読書は吾を救ふてくれた。
世に文字なかりせば吾は今頃如何なるものとなつていたか。
思へば読書は恩人である。教師である。吾に於いては、正に唯一の教師であつた。否、教師でありつゝつある。
吾はもつともつとよくなれねばならぬ。それには、常に十字架のような心を持つことが必要だ。(昭和17・10・26)


教養と言ふものを得るまでは、ヘーゲルの言つたように自己を捨てることが必要だ。
青年の不完全な教養は不完全な観念を生む。
無智程駄目なものはない。
青年時代の使命を、自己を知識にする事。
あらゆる手段を以てそうする事ではないだらうか。
僕はそう信ずる。
信じた以上は実行する事だ。(昭和17・10・28)


当時の20歳の、そして決して知識層に属していたとはいえない水木先生が考えていたことの思索について、現代の我々には驚きです。水木=荒俣(2015) で荒俣は、兵役(≒死)を前にした当時の青年の多くが読書に解を求めた姿を書き出しています。

青年たちを追い立てたもの-もちろん戦争です-を、少なくとも我が国から起こさぬようにしなけれなりません。この時期に、手記が発見され、出版されたことに思いを馳せたいものです。

と書いているうちに、高橋源一郎(2015) の紹介をする時間がなくなってしまいました。大学の同僚もこれから読むと言っていたので、その紹介は次の機会にしたいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2015/09/26 Sat. 17:21 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

松本での進学説明会 

研究室のある甲府は良い天気になりました。

研究室の窓からの南アルプスはコチラ↓ 山の雲も雨雲ではないようです。
20150911風景

今日は昼前から長野県松本市で行われる合同の大学・短大進学説明会に入試課の方と一緒に行ってきます。大学の専任教員のお仕事と一つとして、このような進学説明会に行くことがあります。研究室の庵主は着任後も行く機会がなかったので、初めての進学説明会になります。

聞くところによると松本は東西の境目になり、東京からも名古屋・関西圏からも大学関係者が出かけてくるので、進学説明会はけっこう盛況とのことです。長野県が教育県として有名なのも関係するのでしょうか。

進学相談会の報告は、帰ってきてからアップします(明日になるかな??)

-----------------------
23:10 甲府

進学相談会を終えて、9時過ぎに甲府に戻ってきました。
地元長野県の大学・短大のほか、西から京都、名古屋、山梨、東京を中心とした多くの大学・短大がブースを出展していました。

開始前の雰囲気はコチラ↓ 開始前の風景です。
20150911説明会2

3時間半の時間中、1000名以上の高校生・保護者が来場し、それぞれ興味あるブースで説明を聞いていました。庵主の山梨大学には●●人(数字は秘密・・・)の高校生・保護者がいらっしゃいましたが、庵主の学科の話を聴きに来た人は残念ながら●人(数字はやはり秘密・・・)でした。

看護などの資格系の学部を志望する子は結構具体的な話を聴きに来ていた印象です。一方、「どうやって勉強すればいいですか」との質問も多く、高校生の受験指導をしたこともないので、困ってしまうことも少なくありませn。私立大学なんかだとそんな説明もするのかしらん。

なお、一緒に行った入試課の職員さんに庵主の出張の処理について聞くと、「先生は出張扱いではなく、修行で行きたいって言ってましたよ」と言われていましした。最近は以前に言ったことをよく忘れるので、丸め込まれた次第です。

他大学の多くが職員さんのみの出席の中、教員として貴重な経験をさせてもらいました。

Posted on 2015/09/11 Fri. 09:55 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

また台湾に来ています(その3・完) 

今回の台湾も本日で終了し、明日には日本に帰国します。
そこで、研究室の庵主の備忘録を書いておきたいと思います。

【台湾での外貨両替は郵便局で】
台湾でもお土産物屋さんなどでは日本円が使えることがあるのですが、ちょっとした支払いには現地通貨(NT$。単位は円。「●塊」と)が便利なので、日本円から台湾ドルに両替します。

今までは空港にある銀行かホテルで両替していたのですが、今回初めて郵便局に両替に向かいました。市内の銀行が閉まっている土曜日午前中でしたが、営業している台北北門郵局(台北駅の近くです。旧「台北郵局」)でした。ここは外貨(外匯)を取り扱っているので、営業時間中は両替可能です。

今日は円が数日前と比べても高くなっていたので、レートも良く、交換率は0.2666、1日本円に対して、0.2666台湾ドルとなっていました(たとえば、1万円だと2666台湾ドルに交換してもらえる)。しかも、郵便局では手数料や処理料がかかりませんでした。ちなみに銀行などでは30台湾ドルくらいかかります。

結論としては、次回からは台湾の郵便局で両替しよう!です。

台北北門郵局でお出迎えしてくれたゆるキャラはコチラ↓ 名前が分かりません・・・
台北北門郵局

中国語(繁体)ですが、台北郵局の一応URLです。 http://www.post.gov.tw/post/internet/Q_localpost/default.jsp?ID=1201

【足裏マッサージは技術が要らない?】
台北ではお約束のマッサージですが、今回は中山駅の近くのマッサージ屋さんに行きました。理由は呼び込みがなかったからです。

後で調べると「台北ナビ」に紹介記事がありました。
念のためのURLはコチラ→ http://www.post.gov.tw/post/internet/Q_localpost/default.jsp?ID=1201
リンクなしです。

足裏マッサージをしてもらって感じたのは、誰がやってもそこそこ「好」なので、技術が要らないのではないか? どこのお店でもそこそこ「好」になるのではないか?ということです。
プロの方には怒られるかもしれませんが、プロを探すのも大変なので、旅行者としては次善策を講じることになります。

Posted on 2015/09/06 Sun. 00:29 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

また台湾に来ています(その2) 

今日は前回の予定通り、花蓮から基隆に出て、そのあと台北に戻りました。

移動中に気がついたことを2つばかり。

【扉が開いていても平気】
花蓮からの移動には、台鉄の急行列車に相当する莒光号を利用しました。

乗車した莒光号はコチラ↓ 日本では珍しくなった客車です。
莒光号1

全ての扉が「全手動」でした。
莒光号2

なぜ時間のかかる莒光号に乗ったのかというと、昨日の移動中、どうも客車のドアが開いたまま走っているのではないかと思ったからです。現実は、そのとおりでした。

開きっぱなしの扉はコチラ↓ 動画じゃないけど、分かりますよね・・・
莒光号3

研究室の庵主より少し年長で、昔地方の国鉄客車に乗ったことのある方は、扉開きっぱなしの列車の疾走は、郷愁を誘う昭和の風景だと思います。中国(大陸)の人が台湾に古い中国を感じるために旅行するように、日本人の我々も郷愁を感じることができる台湾です。
台湾の人にとってはどうでも良いことなんでしょうが・・・

もし、こんな列車に乗りたいということであれば、台鉄の莒光号や区間車(台北などの大都市以外)に乗ってみて下さい。田舎に行けば行くほど可能性があると思います。
ちなみに、台鉄のURLはコチラ → http://www.railway.gov.tw/tw/

【やはり奇岩好き】
基隆から金山や淡水方面行きのバス(基隆客運)で20分くらいの場所にある、野柳地質公園に行ってきました。

地質公園の入り口はコチラ↓ 野柳のバス停から500メートル歩きます。
野柳1

この地質公園に何があるというと、奇岩があります。砂岩が波の浸食作用により、いろいろな造形を作っています。

たとえば(1)、観光客と比べた奇岩はコチラ↓ 結構でかいです。
野柳4

たとえば(2)、「龍頭石」はコチラ↓ 案内にはありませんでした。
野柳3

「龍頭石」は、管理をしているオジサンが、「ここから見ると龍頭石だよ」と教えてくれたものです(一応中国語で・・・)。こんな岩が半島の付け根に散在します。
庵主は初めて行ったのですが、お客の9割5分は台湾人・香港人・中国人で、日本人はちょこっとだけでした。日本人もこういう奇岩の類は嫌いではないのですが、漢民族の奇岩好きにはかなわないなと痛感しました。

Posted on 2015/09/04 Fri. 21:45 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

また台湾に来ています(その1) 

夏のお約束、研究室の庵主は台湾に来ています。
本日は高雄から台鉄・自強号南回廻で6時間かけて花蓮まで移動しました。

現在の高雄駅はコチラ↓ 高雄からは初めての乗車です。
高雄2

先代の高雄駅はコチラ↓ 旧・JR奈良駅もこんな感じでした。
高雄1

今回の東部台湾は、実地に研究調査に入るかどうかを決める前に、「車窓から」ですが、様子を見るためです。あと、単に行ったことがなかったので、行ってみたいということでした。現時点ではネガティブな印象です。

明日は基隆まで移動の予定です。

今日の自強号はコチラ↓ 特急列車のイメージなしです。
自強号1

自強号の室内の様子はコチラ↓ 中の仕切りはなんだろう?
自強号2

Posted on 2015/09/03 Thu. 22:38 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2015-09