日本にも台風前夜、風雲急かもしれません。 

7月に入って前期も大詰めとなったため、更新する時間がありませんでした。
というわけで、久しぶりの更新です。

今日の研究室の窓からの様子はコチラ↓ 久しぶりに南アルプスをと思ったのですが・・・台風の影響です。
20150715風景

今夜には台風11号が日本を直撃するということで、研究室のある甲府にも影響が出ています。
山梨と首都圏を結ぶ重要路線である中央本線(中央東線)は、大月-高尾間で運休となり、あずさ・かいじの両特急は全面運休状態になっています。

運休を知らせる掲示板(午前9時47分ごろ現在)はコチラ↓ 列車での移動はあきらめないと状態です。
20150715中央線1

というわけで真っ黒な案内板はコチラ↓ 閑散ですね。
20150715中央線2

台風の襲来に備えて、今日は早く帰りたいのです。ただ、夕方から会議があるあるし、歩いて帰ることができるところに住んでいるので、大学には居なければなりません。

ところで、台風11号も心配ですが、日本全体にとってもっと心配なことが起こっています。
それは、いわゆる安全保障法案についての、衆議院特別委員会での強行採決です。庵主も、企業を離れ、大学に身をおくようになったので、主体的ではありませんが、できる限り意思表示をすることとしています。

現時点で、呼びかけに対して、賛同の意思表示をしたものとして、次のものがあります。
●自由と平和のための京大有志の会
http://www.kyotounivfreedom.com/manifesto/

●安全保障関連法案に反対する学者の会
http://anti-security-related-bill.jp/


ただし、これらの会の発起人や主張への賛同者も全く同じ(政治的)思想・信条をもった人たちではないということに注意が必要です。大まかには次のように整理ができると思います。

           (信条)             (憲法・法律への認識)              (結論)
立場1:集団的自衛権行使に反対 ⇒現在の憲法では容認されない ⇒法案は違憲 ⇒法案を廃案にすべき
立場2:集団的自衛権行使に賛成 ⇒現在の憲法では容認されない ⇒法案は違憲 ⇒法案は廃案にし、憲法改正議論をすべき
立場3:集団的自衛権行使に賛成 ⇒現在の憲法でも容認される ⇒法案に問題 ⇒審議継続か今回は廃案にすべき


積極的に声を上げている人たちには、立場1と立場2の人がいると推測します(ちなみに庵主は立場1と立場2の中間くらい)。また、世論調査で否定的な意見の人には、立場3の人も少なからずいるものと推測しています。

法学を専攻している者としては、信条も重要なのですが、それ以上に法律的にどうかという点も重視しなければなりません。国際情勢を問題とし、集団的自衛権行使の必要性のみからの主張をすることもできる政治学者や外交専門家と異なるわけです。

では、法律的にどうかという点が法学を専攻している者だけの問題なのかというと、こと憲法適合性が問題とされている以上、そうでもないのです。
なぜなら、憲法というのは国民が国家に対し権力を付託するあたり、交わした約束であり、国家はこれに反することは許されない(立憲主義)という点で、極めて政治的なものであり、憲法適合性を無視した議論は、立憲主義をないがしろにし、独裁制につながるおそれがあるからです(東アジアのいくつかの国も憲法はありますが、施政者はそれを無視あるいは軽視しているように見えますよね)。日本国民が独裁的な政治体制を志向しないのならば、法律の専門家であろうとなかろうと、憲法適合性については厳しく検証し、発言してゆく必要があります。
いろいろと書きだすときりがないのでこれで終わりにします。

天災・人災を問わず、災害が発生しないように準備も大切ですが、被災後どう克服してゆくのかが一層重要になります。庵主も全てのフレーズに賛同しているわけではないですが、「自由と平和のための京大有志の会」の声明書を張り付けておきます。

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。

自由と平和のための京大有志の会

スポンサーサイト

Posted on 2015/07/16 Thu. 13:40 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2015-07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31