田中貢太郎の採集奇談 

今日で後期の業務は、前期・後期の個別入試と関連業務を除いて、山を越えました。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 雲がかかっていました。
20180216

たまたま読んでいた 田中貢太郎『日本怪談実話<全>』 (河出書房新社、2017)272-273頁 に、甲府の話が出ていたので、庵主の備忘を兼ねて紹介させていただきます。なお、筆者の田中貢太郎とは、大正期に活躍した作家で、最近では文芸の一分野にもなっている実話系怪談も書いています。この本の原著も、1937年に出版された同氏の 『新怪談集(実話篇)』(改造社) をもとにしているとのことです。

では、さっそく・・・

「鉄道線路を走る少年」
 大正十一年七月二十二日の事であった。甲府市外相川村*の相沢栄吉の長男富雄は、その時十一で相川小学校*の三年生であったが、その日の午前中、太郎と云う友達と二人で連隊*付近の山へ花摘みに往ったが、午過ぎになって太郎は帰って来たが、富雄は帰って来なかった。
 富雄の家では心配して、太郎に訊いてみると、山へ往って遊んでいると、睡くなってぼうっとしているうちに、富雄がいなくなったので、独りで帰って来たと云った。
 相沢家では驚いて、村の人を頼んで山の中を捜していると、六時比になって、長野県西筑摩郡日義村*から、富雄君を保護しているから伴れに来いと云う電報が来た。相川村から日義村まで約三十里あるので、相沢家では不審に思ったが、富雄がいると云うので早速父親の栄吉が迎えに往った。
 富雄を保護してくれていた者は、元日義村の助役であった清沢と云う人であったが、その話によると、午後六時比、同村宮越付近の鉄道線路*を、阿父さん阿父さんと云って泣きながら、藪原*の方へ走って往く少年があるので、呼び止めて訊いてみると、相川村の者だと云うし、穿いている麻裏の緒に、相沢富雄と書いてあるので、ともかくも日義村の小学校長の許へ伴れて往って、学校の眺望台に立たせて、どっちの方角から来たと云えば、山の方へ指をさして、あの山からだと云った。学校はと問えば、師範学校附属小学校*、校長はと問えば、浜幸次郎*と答えた後で、家はこの近所だから線路を伝って往けば、帰れるだろうと云って、そのまま駆け出そうとするので、引き留めておいて電報を打ったとの事であったが、それにしても一銭の金も持っていないので、汽車には乗れないし、元より子供の足で三十里を半日で歩けるものでない。それには現代の常識では判らない何事かがあったように思われる。


*相川村:1937年に甲府市と合併。古府中町、上・下の積翠寺町、塚原町などの付近。
*相川小学校:甲府市古府中町にある甲府市立相川小学校の前身か?


*連隊:甲府にあった甲府四十九連隊のこと。現在の国立甲府病院、山梨大学付属小学校あたりに駐屯地があった。
*日義村:現在の木曽郡木曽町の一部。
*宮越付近の鉄道線路:中央西線のことと思われる。現在も宮ノ越駅という駅がある。


*藪原:木曽郡木祖村に薮原駅がある。宮ノ越駅と奈良井駅の間。宮ノ越駅からみると一応は甲府方面
*師範学校附属小学校:大正11年なら山梨県師範学校の附属小学校(現在の山梨大学付属小学校)。本文の最初で相川小学校といっていたことと矛盾。
*浜幸次郎:1915年から1919年まで山梨県師範学校長を務めていたようだが、詳細要調査。

田中貢太郎

スポンサーサイト

Posted on 2018/02/16 Fri. 23:45 [edit]

CM: 3
TB: --

top △

本日は甲府市湯村の塩澤寺でご奉仕 

寒い日が続きます。
研究室ある甲府はほとんど雪は積もらないのですが、大雪でご苦労されている地方の方々にはお見舞い申し上げます。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 3000m峰は雲の中です。
20180213風景

研究室の庵主は、1月末からいろいろと忙しく、ながらくまとまった更新ができていません。
たまに更新しないと公告が上がってい来るので、簡単な記事で更新させてもらいます。

忙しいと言いながら、今日は地域貢献のため、甲府市湯村にある 塩澤寺 の「 厄除地蔵尊大祭 」に半日ご奉仕に出ます。

塩澤寺ウエブサイトによる紹介はコチラ↓ 最近新しくなったようです。
http://www.entakuji.jp/taisai.html

去年までは2日間のご奉仕だったのですが、今年は忙しいということで1日だけのご奉仕になります。
このお祭りが過ぎると甲府にも春が訪れるそうです。


Posted on 2018/02/13 Tue. 08:47 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

南アルプスも冠雪 

朝夕はとても涼しくなり、暖房を使ってしまっています。
気候のせいか、体調を崩し、また、各種雑用に追われているため、まとまった更新ができないままです。

そのうち、1か月以上記事の更新が云々、と出ないように更新しておきます。

先週から富士山の冠雪が報道されたりしています。
研究室の窓から見える3000メートル峰も、水曜日の冷たい雨の後、冠雪したようです。

今日の南アルプスの様子はコチラ↓ 見えづらいですが、山頂付近には白いものが。
20171027風景

この週末は天気が悪いということで、お仕事をしたいと思います。

-----------------------------
2017/10・30の追加~

台風から一夜が過ぎて、お山の色づきが離れていてもわかるようになりました。

今朝の南アルプスはコチラ↓  解像度が低いのでごめんなさい。
20171030風景


Posted on 2017/10/27 Fri. 17:25 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

身延町の七面山敬慎院に連れて行ってもらいました【本編】  

研究室のある甲府も本日はどんよりとした雨雲に覆われています。
この週末は、天気がいまひとつのこと、いろいろと所用が重なっていることもあり、お仕事ウイークエンド と庵主は勝手に銘打って、研究室に登校しています。

今日の南アルプス(見えないですが・・・)はコチラ↓ 雨は降っていません。
20171014風景

さて、一昨日木曜日に予告した、七面山への登拝記録をメモっておきたいと思います。

七面山は身延山久遠寺の奥にあり、身延山のご守護をされる七面大明神 が住まうところとされ、標高1700メートル付近に七面大明神をお祀りする七面山敬慎院があります。

七面山敬慎院の位置関係。国土地理院の電子国土から。


土着信仰色の強い庵主としても以前から興味のある聖地でした。今回たまたま、甲斐市の常説寺の高橋住職からお誘いがあったので企画に乗っかったというわけです。特に、高橋住職からのお誘いメールに「10月11日(水)、12日(木)と七面山へ登山する予定でおります。~中略~。ご予定が合えば、ご一緒しませんか?ちょっと神秘的な体験ができると思います。」あり、神秘主義的傾向もある庵主としては是非ともの参加になりました。

甲府駅を7時過ぎに出発し、途中でピックアップしてもらった後、高橋住職の車で、山梨県南巨摩郡身延町羽衣に向かいます。羽衣は、七面山を源流とする春木川沿いの小さな集落で、七面山の表参道登山口となっている集落です。登山口の対岸には、”白糸の滝” という滝があり(写真なし)、滝行で身を清めることもできるようです。

さて、いよいよ登拝開始です。ここの標高は500m。
201709七面山2

敬慎院まで、標高差1200mを一気に登ってゆきます。
途中には4か所の坊--神力坊、肝心坊、中道坊、晴雲坊--があり、休憩できる施設となっています。

二丁の神力坊(山側から)。法具も売っています。
201709七面山3
十三丁の肝心坊
201709七面山4
二十三丁の中通坊。後ろ姿は先達を務める高橋住職
201709七面山5
三十六丁の晴雲坊---写真取り忘れ( ;∀;)

4時間の登り続けるというのは、精神的にかなり辛かった、というのが本音です。

これも修行

四十六丁を過ぎ、4時間の登山の後、いよいよ寺域に入っていきます。

和光門から入る、今回のご同行のみなさま
201709七面山6

あと一登りをすると、いよいよ随身門、そして敬慎院(宿坊)へと続きます。

随身門。彼岸の中日には、この門からご来光の光が入ってくるんですよね。
201709七面山7
敬慎院の宿坊入口。 お堂は畏れ多くて写真を撮っていません。ここに一泊します。
201709七面山8

ところで、「ちょっと神秘的な体験」ができたのか? についてですね。

結論を言うと、ご先達から薬酒をたくさん頂戴し、神仏、精霊、魑魅魍魎、狐狸妖怪と感応する間もなく、寝入ったので、良く分かりませんでした。生きていない人はあちらこちらで徘徊されていたようですが・・・
で、考えてみると、高橋住職のおっしゃった神秘的体験といのは、コチラ↓だったのかも・・・

翌朝の富士山からのご来光
201709七面山9
神々しい高橋住職
201709七面山10

庵主は法華信者・日蓮宗徒ではないので、再拝機会があるかどうか分かりません。
よい修行の場であったことは間違いありません。

Posted on 2017/10/14 Sat. 13:58 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

身延町の七面山敬慎院に連れて行ってもらいました【予告】 

昨日から1泊2日で、山梨県南部の身延町にある七面山敬慎院 に連れて行っていただきました。

標高1700メートルの高地にあるのですが、道路は通じておらず、徒歩でしか行けない(急病人はドクターヘリで運んでもらえる)という日蓮宗の修行の場です。

参拝記をメモしておきたいと思うのですが、本日疲労につき、予告だけです。

案内図はコチラ↓ 表参道を往復しました。
七面山案内図


Posted on 2017/10/12 Thu. 17:22 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2018-02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28