義民・島田富重郎の墓所に行き当たりました 

センター試験を週末に控え、何かと落ち着かない大学です。
先週末には雪が積もったものの、その後は晴天が続いております。週末に雪予報が出ていないことが、山梨県内の受験生にとっても、運営する側にとっても何よりです。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 快晴です。
20170111風景

先週末の雪が降る前に、大学の裏山を散策してきました。
コースは、積翠寺バス停→要害山(要害山城跡)→深草観音→石堂峠→鬼山→大蔵経寺山→JR石和温泉駅の約5時間コースでした。大蔵経寺山の山の由来は、平地に下ったところに大蔵経寺というお寺があることです。この大蔵経寺には、明治初年の「 大小切騒動 」において、その責任者のひとりとして処刑された島田富重郎のお墓があったので、ご挨拶をしてきました。

島田富重郎さんのお墓はコチラ↓ 香華を持っていないかったので、申し訳ありません。
島田富重郎

結構日本史好きの庵主なのですが、山梨に着任するまで、大小切騒動というのは聞いたことがありませんでした。

大小切騒動とは、現在の山梨県下の幕府直轄領で江戸時代以来行われていた「大小切」と呼ばれる金納を組み込んだ税制を、地租の全国統一と財源の確保を狙った明治政府が廃止したことに反対する農民たちによって、明治5年(1872年)8月に起きた強訴事件をいいます。

事件の概略は、wikipediaにも出ているので、割愛します。
wikipediaの該当記事はURL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B0%8F%E5%88%87%E9%A8%92%E5%8B%95

ちょっと個人メモとして、大小切という税制の詳細はさまざまだったようで、高島緑雄 「『大小切租法』起源の再検討 」駿台史学6号(1956年)77頁から江戸時代の税制の記述を抜き出しておきます。

「大小切租法」の基本形は、田畑貢租(本途見取共) の総額を三分し、その一を「小切」と称して金納、残額2/3を「大切」と云って古くは現物米納であったが、後に(この聞の年代は不明)現物米納の「大切」をさらに三分して、その一を「大切金納」と称し、御張紙直段をもつて金納せしめ、「大切」の残額2/3 を米納とした方式である。<中略> 3/9である小切金納および2/9の大切金納は、それぞれ一定の換算値をもつて金納される~ <中略> 時期による米価の騰貴、変動によつて換算値が変化することなく一定の値が保たれていたことを考えれば、農村内部に貢租の一部を金納化する条件が成立しているかぎりにおいて、この租法の有利性を推察し得る。


また、機会があれば、言及したいと思います。

スポンサーサイト

Posted on 2017/01/11 Wed. 16:33 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

山梨には「無尽」が残っているよ(メモ後編)  

今日の甲府は寒風吹きすさび、寒い一日になっています。

研究室の窓からの今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ お山の雲も風にあおられ・・・
20161215風景

さて、山梨の「無尽」メモの続きです。

大学で加入している判例検索システムで、「無尽」をキーワードにして、判例を検索してみました。
そのうち、「無尽」の中身に触れている判決は、わずか2件だったので、その内容をメモしておきたいと思います。これらの「無尽」は前回触れたいわゆる「取り無尽」です。

●甲府地判昭和31・7・17下級民集7・7・1943
「本件講会は訴外Mの営業資金を得る目的で昭和二十八年四月十六日発起されたもので会長を被控訴人とし、会員は被控訴人及び控訴人外十四名、一口の掛金額は一万円、総口数十七口、会式は親子総割制、開会日は同年四月十六日、同月二十七日、同年五月以降は毎月二十七日とし、落札は入札と口せりより決め、落札金は落札者が会員一名の保証の下に会長に対し金銭消費貸借契約証書を差入れ、講員の掛金若しくは掛戻金不払の場合における講金の取立は業務執行者たる会長がこれをなす約旨のもとに組織された無尽講であること」が認めれる。

●甲府地判昭和27・10・14下級民集3・10・1453
本件講会は、「訴外Dが発起人となり一口の掛金額五千円、総口数十八口の親子総割制による無尽講を設立し昭和二十四年二月一日を第一回として爾後逐次講会を開催し入札の方法で講金受領者を定めたこと」については控訴人は争っておらず、また証拠等によると「訴外Dの訴外Mに対する取引上の負債約十万円を償却することに出発したが結局講員相互間の資金の融通をなすことを目的として設立されたもので、会長、施主を定め会長は責任を以てその業務を処理し施主は会長の補助者として掛金、掛戻金の徴収落札金の交付講会の招集、準備等の事務に従事したことを肯認するに十分である」。

いくつか意味がはっきりしない言葉もあるのですが、それは後日しらべておくとしましょう。

メモの最後に、今年公表された「金融リテラシー調査」の結果です。週刊朝日の記事を引用しておきます(https://dot.asahi.com/wa/2016090900054.html。リンク切れ御免)。

 今、全国の地方銀行幹部から注目されている資料がある。日本人のお金に関する知識や判断力を、初めて公的・大規模に調べた「金融リテラシー調査」だ。結果を見ると、金融知識の高さや低さ、投資意欲の強さや弱さなど、お金にまつわる地域性が浮かび上がる。その調査で特に衝撃を与えたのが、山梨だ。その理由を東日本の分析とともに見てみよう。
 「都道府県別データが豊富で、地銀の営業戦略策定にも生かせる内容です。データの質と量ともに充実していて海外からも注目され、英訳作業を進めています」
 こう胸を張るのは、日本銀行の川村憲章・金融知識普及グループ長。地域の人口構成に合わせた18~79歳の2万5千人を対象にしたネット調査で、「金融広報中央委員会」(日銀が事務局で、政府や自治体で組織)が6月に結果をまとめた。
 ねらいは日本人のお金の知識や意識をつかみ、今後の金融教育に生かすこと。調査結果に一番驚いたのは山梨の金融関係者だろう。「人生の3大費用は何か」「金利が上がると債券価格はどうなる」など、正誤問題の正答率が全国最下位。おまけに、金融トラブルを経験した人の比率が全国で最高。「金融知識が低いとトラブルにあいやすい」との傾向の典型例になった。
 <中略>
 『出身県でわかる人の性格』の著者で、出版プロデューサーの岩中祥史氏(65)。山梨の知識の低さの背景には、当地で受け継がれる金銭の互助組織「無尽」があると指摘する。
 「金融機関ではなく、地域や職場に広がる無尽の仲間を頼りにする意識があります。金融商品の知識がなくても、仲間の強いつながりでやっていける風土です」
 確かに、山梨の消費者ローン利用者の比率は全国で下から2番目。では、なぜ金融トラブルが多いのか。
 「普段は無尽頼みで金融知識が低いだけに、たまに金融機関などと接点を持つとトラブルになりやすいのかもしれません」(岩中氏)
<中略>
『ビジネスの9割は「県民性」でうまくいく』の著者で、経営コンサルタントの矢野新一氏(67)は、
<中略>
冒頭の山梨の結果について、岩中氏と同じく「無尽」の影響力を指摘した。
「ゴルフの無尽など、今は金銭的な結びつきばかりではないが、影響は依然大きい。居酒屋に『無尽歓迎』と書かれ、選挙の当落は入っている無尽の数で決まると言われるほどです」
 全国最下位の金融知識は、郷土を愛する人の結びつきの裏返しかもしれない。




Posted on 2016/12/16 Fri. 14:55 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

山梨には「無尽」が残っているよ(メモ前編) 

研究室のある甲府も寒い日が続きなかなか活動的になれない研究室の庵主であります。

研究室の窓から見える今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 冠雪部分が広がったような・・・
20161215風景

さて、行きつけの散髪屋の兄ちゃん(純山梨県人)と、散髪をしてもらっている間に、山梨の「 無尽(むじん) 」について、少し話をする機会があったので、備忘録としてブログを残しておきたいと思います。

法律を専門としている者にとって、「無尽」は一種の民間金融で、現在のように銀行の発達していなかった近代以前の制度という印象がありました。高校時代の日本史の教科書などにも、「無尽」と「頼母子(たのもし)」という用語がセットで出てきた記憶があります。

法律学用語の辞典を見てみると、無尽の内容を次のように説明しています。

「一定の口数を定めて、加入者を集め、定期に各口につき一定額の出資(掛金)をさせ、その毎回の出資金から1口ごとに抽選又は入札により金銭又は物品を給付し、順次にすべての口にこれを及ぼす契約。庶民間の金融手段として古くから行われた。<以下略>」(我妻榮代表編集『新法律学辞典[新版]』(有斐閣、1967年)1164頁)


「『無尽』とは関東で用いられる言葉であって、関西では頼母子(たのもし)もしくは頼母子講というのが普通である。この種の契約が成立する事情は、多くの場合次の通りである。甲が金5万円をいま必要としているが一人でそれだけ用立ててくれるものがいないときに、友人・知人の間を説き、1回5,000円払い、11回で完了する旨の無尽を組織する。この組織が終わると甲は自宅で最初の講会を開き、そこに集まった人をもてなすとともに、各自の醵出した掛け金の全額を取得する。彼はその結果、金5,000円を醵出して55,000円を入手したことになるのだから、結局所要の金額を手に入れる。その代わりに彼はその後無尽の世話人(『親』もしくは『講親』)になり、次の10回にわたって講会を開き、各講員をその講会に出席させるとともに、約定の掛金をその都度払い込ませ、各講会ごとに55,000円の講金が集まるようにしなければならない。他方この講金の処分方法は約定により定まるが、通常は講員に入札させ、最低の価額を付けたものにその申出金額を交付し、残余を講金の未受領者(見取口者)間で分配する。この種の行為が11回無事に終了すれば無尽は満回によって解散する。<以下略>」(末川博代表編集『民事法学辞典(下)』(有斐閣、1959年)1979頁)


ところが、山梨ではこの「無尽」という言葉・習俗が残っています。
散髪の兄ちゃんだけでなく、他の山梨県民に聞いてみても、民間金融というより、宴会や旅行を通じた懇親の集まりを「無尽」と言っているとのことです。前者を「 飲み無尽 」、後者を「 旅行無尽 」とか言ったりするそうです。これらの無尽では、費用の積み立てを行うことはあっても、お金の融通ということは行わないとのことです。

「飲み無尽」については、県内の飲食店でも「無尽」を承りますと書いてあることが少なくありません。

大学近くの中華料理屋の看板はコチラ↓ 無尽と宴会が並列ですね。
<無尽

一方で、数は少ないとのことでしたが、「 取り無尽 」と言って、お金のやりとりが行われるものもあるそうです。散髪屋の兄ちゃんも「取り無尽」には入っていないそうで、詳しい仕組みは分からないとのことでした。

(つづく)

Posted on 2016/12/15 Thu. 12:40 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

穂見神社の資本金貸しを拝見しました。 

今日の甲府は、ここ1週間では比較的過ごしやすい日和です。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 先週は真っ白だったのですが、今日は紅葉です。
20161128風景

さて、先週の火曜日に、都市計画の同僚の先生のご配慮で、南アルプス市高尾にある穂見神社の夜祭りに行ってきました。

闇夜に浮かぶ鳥居はコチラ↓ 立派な鳥居です。
資本金貸し5

このお祭りには、「 資本金貸し 」という風変わりな習俗があり、このブログでも3年前新聞記事をもとに書いたことがあります。

当時のブログのURLはコチラ↓ 字が多いです。
http://nashidaina414.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

今回はナマの資本金貸しを見ることができましたので、メモとして、残しておきたいと思います。

本殿左手の窓口で受け付けいます。

受付の場面はコチラ↓ 明るい写真もあるのですが、あえて暗い写真を・・
資本金貸し4

メニューは、6種類あって、2000円から20000円までの初穂料を納めると、その半額とお札を授けてもいらいます。

掲示されていたメニュー表はコチラ↓ 上段が資本金ですね。
資本金貸し2

大阪のベタなお店で買い物や飲食したときに、300円のところ、お店のおばちゃんが、
「お勘定は300万円!」
と言うのと同じ感覚なのでしょうか?

ちなみに申込用紙にも、「 万円也 」と印刷されていて、真剣モードですね。

資本金申込用紙はコチラ↓ 金額以外は普通です。
資本金貸し1

当日神社で掲示されていた説明書き(写真なし)によると、3年前のブログ記事に書いた江戸時代の寺社金融というより、むしろ種籾などの貸借-古くは律令時代の出挙(すいこ)に遡る?-のようです。種籾等の貸借では、通常収穫後倍返しというのは一般的に行われており、それがだんだんと現在の形にかわってきたようです。
種籾等の貸借から資本金貸し、そして倍返しから半返しというように変化した経緯について、3年前のブログ記事から再度引用すると、

穂見神社総代長の穂坂勇さんによると、昔は実際に100円借りて、翌年に200円返しに来る習わしだったが、しだいに借りるけど返しにこなくなったという。「終戦後だね。神社が損をしていまうから、今の形になった」


そうです。

研究室の庵主は、商売(?)がうまくいっても返礼に伺えないので、資本金はいただきませんでした。

-----------------------
<おまけ>
衣装殿などの改修のための募金を兼ねた、豚汁販売です。1杯=100円で、お得感満載でした。
資本金貸し6

Posted on 2016/11/28 Mon. 14:46 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

「行く行く詐欺」にならないように―甲州街道笹子峠 

勤労感謝の日の今日は大学もお休みでした。
そこで、天気もいまひとつではありましたが、同僚に対して「 行く行く詐欺 」と言われないように、甲州街道の 笹子峠 に徒歩で行ってきました。

その同僚は、勝沼関係の仕事を請け負っており、研究室の庵主は何かの拍子に彼に対し
今度、笹子峠に登る予定にしている!
と言ってしまったのです。先任の教員としては、ここはひとつ有言実行というところをみせてやろうとのやせ我慢でした。

本日のスタートは、JR中央線塩山駅9時7分発の甲州市民バス天目山(栖雲寺)行きに乗り、心霊スポットとしても有名な旧笹子トンネルに最も近い「日影上バス停」でおりて、いよいよ登りがスタートです。

日影上のバス停はコチラ↓ 笹子峠入口というバス停もありますが、かなり手前です。
201611232笹子1

上の写真の正面(カーブの左側)が旧甲州街道なのですが、途中で堰堤で遮られているとのこと(近所で掃除をしていたおじさん談)なので、アスファルトの車道を歩いてゆきました。
でも表示がないと旧道にはいっちゃいますよね。観光協会の方、何とかしてほしいです(その1)。

ちなみに、正面の橋の名前は「天狗橋」。天狗にいじわるされないといいんのですが・・・

車道の途中にあった史跡の標識はコチラ↓ 笹子峠まであと3.8キロです。
20161123笹子2

川沿いの少し広くなった土地です。
このあたりは旧甲州街道上に車道ができているのですね。

笹子峠まで3.6キロのところで、いよいよ車道と離れて地道になります。

旧道との分岐はコチラ↓ 案内板によると地元の日影の人たちも整備をしてくれたそうです。
201611223笹子3

念のため、案内板はコチラ↓ 金田一春彦先生の作詞の歌がきっかけなんですね。
20161123笹子4

少し登ると、峠道と自害沢天明水の分岐の標識がありました。天明水の方を探索したのですが、途中で道がなくなっており、断念しました。

分岐の案内標識はコチラ↓ 観光協会の方、何とかしてほしいです(その2)。
20161123笹子5

馬頭観世音の倒れた標識があったので、また探索したのですが、ご縁がないのか、お会いすることができませんでした。
中央線や国道20号ができるまでは、お馬さんが活躍したのですね。

倒れた標識はコチラ↓ 観光協会の方、何とかしてほしいです(その3)。
20161123笹子6

峠道はいくつか小さな沢を越えるのですが、橋があっても朽ちているのではないかとか、そもそも橋がないとか、雨がふったら大変そうとか、なかなかスリリング。

沢を渡る3連発はコチラ↓ 3発目は、分かりにくいですが、枯れた沢です。
20161123笹子7
20161123笹子8
20161123笹子9

また茶屋跡の標識が・・・。2か所もあるとは、余程の難所だっただけでなく、かなりの交通量があったことが推測されます。

2つ目の茶屋跡の標識はコチラ↓ ここも車道と接していました。
20161123笹子10

一気に登ると、いよいよ旧笹子トンネルの前を峠道は横切ります。

横切るのはコチラ↓ 旧笹子トンネルは右手すぐです。峠道は正面になります。
20161123笹子11

噂の旧笹子トンネルはコチラ↓ 心霊好きの方へのサービスショット
20161123笹子12

旧笹子トンネルが目的地ではないので、さらに峠道を登ります。峠道の下に旧笹子トンネルが見えますね。

峠道から見下ろす旧笹子トンネルはコチラ↓ ちょうど峠の真下をトンネルが通っているのですね。
20161123笹子13

いよいよ笹子峠が見えてきました。その前に、天神社に御礼のお参りをします。
なぜ天神社が祀られているのかというと、どうも雷除けのようです。山では雷が怖いですからね。

神さびた天神社はコチラ↓ マイルールで正面からは撮影しません。
20161123笹子14

笹子峠はコチラ↓ まさに峠です。
20161123笹子15

笹子峠はコチラ2↓ 標識が東京側を向いている。観光協会の方、何とかしてほしいです(その4)。
20161123笹子16

K地先生! 発言どおり、笹子峠に登りました! 有言実行のいなけんです(キリッ)!

--------

Posted on 2016/11/23 Wed. 21:32 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017-03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31