長虫さんが出てくる季節になりました(備忘録) 

本日忙しさのタネになっていた、大阪での研究会報告が無事に終了したので、少し前のネタなのですが更新しておきます。

このゴールデンウイークの最終日、愛知県知立市にある 知立神社 にお参りしてまいりました。その目的は、長虫除け をいただくことです。ちなみに、長虫って、ヘビのことです。

ということで、いただいてきた長虫除けの御砂はコチラ↓ 初穂料200円ナリです。
知立神社

三河地方に土地勘のない庵主が知立神社に興味をもったかが、これは以前に読んだ 岡本綺堂『半七捕物帳』 に登場する 池鯉鮒(ちりゅう)様の蝮よけ蛇除け御符売り に心惹かれたからです。この御符売り云々(「うんぬん」ですよ)は、「 お化け師匠 」というエピソードに登場します。

ストーリーの概略は、ある日お化け師匠とあだ名される、評判の悪い踊りの師匠が絞殺されたところ、その死体には蛇が巻きついていたため、世間の人は彼女にいびり殺された養女の怨念のしわざだと噂しあっていた。しかし、そこは半七親分、この蛇が蛇除けの御符売りが商売のために飼っていた蛇と見破り、真犯人をひっとらえたというお話です。

ここで、半七親分の推理の部分を引用しておきます(底本は光文社時代小説文庫『半七捕物帳(一)』)。

「むかしは毎年夏場になると、蝮よけ蛇除けの御符売りというものが何処からか出て来るんです。有名な池鯉鮒様のほかにいろいろの贋いものがあって、その符売りは蛇を入れた箱を頸にかけて、人の見る前でその御符で蛇の頭を撫でると、蛇は小さくなって首を縮めてしまうんです。ほんとうの池鯉鮒様はそんな事はありませんが、贋い者になるとふだんから蛇を馴らして置く。なんでも御符に針をさして置いて、蛇の頭をちょいちょい突くと、蛇は痛いから首を縮める。それが自然の癖になって、紙で撫でられるとすぐに首を引っ込めるようになる。その蛇を箱に入れて持ち歩いて、さあ御覧なさい、御符の奇特はこの通りでございますと、生きた蛇を証拠にして御符を売って歩くんだといううことです。私がお化け師匠の頸に巻きついている蛇を見たときに、なんだかひどく弱っている様子が普通の蛇らくしないので、ふっとその蛇除けの贋いものを思い出して、試しに懐紙でちょいと押えると、蛇はすぐに頸を縮めてしまいましたから、さてはいよいよ御符売りの持っている蛇に相違ないと見きわめを付けて、それからだんだん手繰って行くうちに相手にうまくぶつかったんです。」


今年の夏は、例の御岳参詣道の関係で山に入ることになるかもしれないため、知立神社の長虫除けを入手しようとなりました。なかなかお参りできる場所でもないので、お礼参りや返納が必要な御札ではなく、御砂をいただきました。

知立神社の近くにあった石柱。池鯉鮒大明神 です。
知立神社

スポンサーサイト

Posted on 2017/05/20 Sat. 23:43 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

【台湾事後報告③完】保安宮から護国禅寺へ 

今日も入試業務のために登校中です。

10年近く年に2回は台湾に訪れている庵主ですが、都心である中山北路周辺を除くと、点と線で結んでいるだけでした。桃園機場から台北市街を結ぶリムジンバスに乗っているときにいつも気になっている場所に今回やっと訪問できました。

その場所は、大龍峒保安宮 です。

高速道路を降りたリムジンバスからは、立派な壁が見えるのですが、今まで中の様子が分かりませんでした。MRT淡水線圓山駅から歩いての参拝です。

立派な壁はコチラ↓ 道路は酒泉街から庫倫街へと続く道で、リムジンバスが左から右に走ります。
201702台北21

いつも気にしていた壁の裏側は保安宮の中国庭園になっており、龍が水を吐いているところに遭遇。

水を吐く龍はコチラ↓ 中国っぽいです。
201702台北22

保安宮を調べてみると台湾三大パワースポットとして紹介している日本語のサイトもありました。マイルールで神様(神像)の写真は撮らないので、写真といわれ、大事なご利益などの詳しくは台北ナビの記事を参照してください。

台北ナビのURLはコチラ→ http://www.taipeinavi.com/miru/44/

今回は保安宮の参拝の後、MRT淡水線圓山駅の反対側にある、臨済護国禅寺も併せて訪問です。護国禅寺は日本統治時代に創建されたお寺です。現在は鉄筋コンクリート造りの建物が多い(MRTからはこの建物が見えており、何かなとずっと思っておりました)のですが、創建当時の建物も残っています。

台北市古蹟にも指定されている大雄寶殿はコチラ↓ 内部は中国風の造りになっていました。
201702台北23
昔の山門(?)はコチラ↓ 石柱にある日本統治時代の施主・建立時期は埋められています。
201702台北24

護国禅寺のある小山には、新石器時代からの複合遺跡(圓山遺跡)があり、古くから人々の営みがなされてきたところです。そういう点では、いわゆるパワースポットの一つかもしれませんね。

MRTの台北駅や中山駅からも淡水線1本のみで行けるので、何度目かの台北訪問の折に訪れてみるのはいかがでしょう?
---------------
<おまけ>
保安宮と台北孔子廟との間の交差点にあったサルの石像。「聞かザル」だと思うのですが、どうも頭を抱えているとしか見えないですね。後ろの壁は台北孔子廟。
201702台北25

Posted on 2017/03/04 Sat. 15:41 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

【台北事後報告②】 阿嬤家 和平與女性人權館に行きました 

今日も入試業務のため登校しているので、その合間に投稿です。

台湾の観光地の一つといえば、迪化街です。
乾物屋、漢方薬屋、それに縁結びにご利益のあるとされる月下老人の台北霞海城隍廟が有名ですね。

霞海城隍廟の様子はコチラ↓ 228の休日なので多くの若者が参拝してます。
201702台北15

さて、今回は、この迪化街の一角で昨年12月にオープンした「 阿嬤家 和平與女性人權館(おばあちゃんの家 平和と女性の人権館) 」にもはじめて行ってきました。

人権館の入り口の様子はコチラ↓ 右側の通りは涼州街です。
201702台北12
もうすこし近づいたところはコチラ↓ カフェが併設されています。
201702台北11

この人権館の主たる展示は、台湾人(当時の国籍からすると日本人)の従軍慰安婦に関するものです。そのため、日本では「慰安婦博物館」や「慰安婦記念館」という俗称で呼ばれたりしているようです。

ここでの記録・展示は、台湾人従軍慰安婦関連の資料が中心です。しかし、ことを館の名称にあるようように、貧困や戦争の中で従軍慰安婦として過酷な人権侵害を受けた阿嬤たちをはじめとする、女性の人権問題を記憶し、理解し、そして広く考えるための施設として利用されることが意図されているようです。

展示の様子はコチラ↓ 2階常設展示の様子です。
201702台北14
「慰安婦」 阿嬤紀念空間の様子はコチラ↓ 慰安婦だった女性の名前が映し出されているそうです。
201702台北13

台湾人の従軍慰安婦問題が表面化したのは、1992年に日本の防衛研究所図書館で発見された3通の電報からだそうです。そのため研究がスタートして25年しかたっておらず、その一方悲惨な経験をした女性たちの中にはその間にも鬼籍に入られた方が少なくありません。

日本人の来館者も少なからずいるようですが(たまたまいたボランティアの女性は日本語が話せました)、展示や資料の説明に日本語がほとんど使われておらず、日台の相互理解のためには、さらなる充実が望まれます。

最後に、人権館の開設団体である婦女救援基金会のURLを備忘のために貼っておきます。
https://www.twrf.org.tw/tc/index.php

<台湾事後報告はもう少し続きます。>

Posted on 2017/03/03 Fri. 13:23 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

【台北事後報告①】今年も228紀念日の台北にいました 

研究室の庵主は入試業務の合間を縫って、3泊4日の台北の旅に行ってきました。
あっという間の昨日1日に帰国して、本日は無事に研究室に投稿しています。

さて、滞在3日目の2月28日は、国民党軍が台灣の人々を圧殺した228事件の紀念日ということもあって、人権を考えておきたい
庵主は毎年のように台湾を訪問しています。

お約束の台北二二八紀念館はコチラ↓ 政権交代もあってか少し展示が変わっています。
201702台北1

お約束その2の二二八国家紀念館はコチラ↓ 今日はイベントもなく静かでした。
201702台北2

台湾では、蒋介石を顕彰した中正紀念堂(台湾ツアーではお決まりの観光地です)の移転問題や2月28日の臨時休業問題があったので、今年は訪れてみました。

ちょうど台湾独立派国民党支持派が自由広場を挟んで対峙していりるところに遭遇。
国家図書館側から行ったので、庵主を含むご一行様は近くにいた台湾独立派の人々に迷い込んでしまいました。

台湾独立派の人々はコチラ↓ 庵主は外国人なので、どちらの支持者でもありません。
201702台北3

ここでどうでもよい一つ発見がありました。
独立派の人たちが生卵を門に投げつけていたところ、それが何ともいえず、臭い
投げる卵はきっと
腐った卵に違いない!!
ということです。
嫌がらせとして、これほど強力なものないですね。

台湾もウオッチしている知人によると、昨年台湾では国民党から民進党へ政権交代したものの、民進党政権がその後穏健な政策をとっていることから、蔡総統の支持率が低下傾向にあり、不満をもっている人たちが急進的な動きを始めているとのことです。
そのためか、総統府の前には厳重な警備が敷かれていました。

総統府につながる道路の様子はコチラ↓ 同行者みんなで今年は厳しいよねと会話が・・・
201702台北4

振り向くと2013年以来開催されている 共生音楽節 が今年も開催されていました。

ステージの様子はコチラ↓ 写っていないところにも若い人たちがたくさん。
201702台北5

<台北228事後報告は、明日以降まだ続けます>

Posted on 2017/03/02 Thu. 16:32 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

京都に同級生の作品を見にゆきました。 

今日は大阪で研究会があったので、関西に戻っている研究室の庵主です。
午後からは、同級生が出品している展覧会をのぞきに、京都に行ってきました。

今日の三条大橋からの京都北山方面はコチラ↓ さすがにカップルは座っていません。
20170218風景

さて、展覧会ですが、本の修復を手がける人たちが作った作品を展示しています。以前に拡散をお願いしたクラウドファンディングの関係です。
(訂正)⇒かの同級生から指摘があり、修復やさんと装丁やさんとは別の団体だそうです。同級生がたまたま両方に関係しているとのことでした。

展示場の中の写真も取らせてもらったのですが、一応掲載は遠慮しておきます。というか、データ設定を間違えて、タダで使っているこのブログには掲載できないサイズになってしまいました・・・

その代わり、展覧会の案内はコチラ↓ 漱石ってまた流行っているのかしらん。
201702展覧会

同級生は昔から創作力があったので、今回もナイスな作品を出品しておりました(写真できず残念)。


Posted on 2017/02/18 Sat. 19:39 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

2017-08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31