弱きものたち-殉教キリシタン 

今日は土曜日に大阪で開催している研究会のために、関西に移動しました。というわけで、窓から見える南アルプスの写真はありません。

最近、スコセッシ監督の「 沈黙-サイレンス- 」のプロモーションを見る機会が増えたような気がします。

公式HPはこんな感じ↓ 撮影は台湾でしたんですね。
沈黙HP

URLはコチラ↓ リンク切れ御免
http://chinmoku.jp/

と思っていると、昨日「長崎・天草の潜伏キリシタン」を世界遺産に申請するとの政府決定がありました。それと関係するのかどうか、きっと関係はないだろうなと思っています。

新聞記事はコチラ↓ キリシタンは小さい方の見出しです。
20170120新聞

かくれキリシタン(最近は世界遺産の申請にあるように「潜伏キリシタン」と呼ぶのでしょうね)は、今回の世界遺産の申請対象となった長崎、五島、天草が有名ですが、それ以外にも、大阪府茨木市の北部、東北の旧伊達領である宮城県東和町(現・登米市)や岩手県藤沢町(現・一関市)などが知られています。というか、庵主が知っている範囲ですが・・・

庵主はこのうち藤沢町にあるキリシタン史跡を2008年に訪問したことがあります。

史跡の一つ「 地蔵の辻刑場 」はコチラ↓ 200人もの信者が殉教した場所だそうです。
地蔵の辻

伊達領でのキリシタン弾圧があったのは、寛永年間と享保年間とされており、東和・藤沢で殉教した人々については、武士階級か潜伏神父以外の名もほとんど残っていません。また、徹底的に弾圧されたため、かくれキリシタンも存在しなかったと言われています。

この地を訪れた遠藤周作は、その著作『切支丹時代』(小学館、1992年)でつぎのように感想を述べています。

私は夕暮れ近くこの街道を歩いたのだが、点々と残っている首塚や処刑場の跡に寒けさえおぼえたのだった。九州の切支丹遺跡を訪ねてもこんな陰惨な感じをあたえる場所はなかった。


ほんの少し前の時代まで、信仰を含む内心の自由も日本では認められてきませんでした。現在の憲法では、内心の自由は絶対的自由として、どのような理由があっても、制限され、それを理由に不利益を受けることは許されないとされています。

映画「沈黙」が内心を理由として殉教した多くのひとびとと現代のわたしたちとを重ね合う機会になればと思います。

最後に、カトリック中央協議会発行の『カトリック情報ハンドブック2007』に詳しい訪問記「キリシタン史跡をめぐる」が掲載されていますので、参考までにURLを載せておきます。
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/library/book/hand2007/index.htm

スポンサーサイト

Posted on 2017/01/20 Fri. 22:45 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

最近読んだ本-安保法案国会可決を受けて 

世間では土曜日でお休みのところも多いでしょうが、甲府にいるときには、何かと用事の研究室の庵主は登校しています。
シルバーウイーク前後は実家の用事やら関西の研究会の用事やらでバタバタし、約2週間ぶりの更新です。

今日の研究室の窓からの南アルプスはコチラ↓ 夕方近くなりましたが、雲に覆われています。
20150926風景2

シルバーウイーク前の18日未明にあの安保法案が参議院を通過しました。法律でご飯を頂いている立場として、民主主義や立憲主義を守ってゆく不断の言論や行動が必要であることを改めて感じています。

今回これらの出来事を受けて、以前から気になっていた2冊の新書本に目を通してみました。
庵主は大学教員なので、ある意味本を読むことも仕事の一環であり、このブログではいちいち読んだ本を取り上げることはあまりしないのですが、ちょっと備忘録も兼ねて紹介したいとおもいます。

その2冊とは、水木しげる=荒俣宏『戦争と読書 水木しげるの出征前手記』(角川新書、2015年)高橋源一郎『ぼくらの民主主義なんだぜ』(朝日新聞出版、2015年)です。

この2冊の表表紙はコチラ↓ 宣伝帯付きです。
最近読んだ本

水木=荒俣(2015) は、「墓場の鬼太郎」や「悪魔くん」で知られた妖怪漫画の大御所である水木しげる先生が昭和17年(1942年)11月前後に書かれた手記とそれに対する荒俣宏氏の解説からなっています。手記が書かれた昭和17年10月~11月は、20歳になった水木先生が徴兵検査を受けたその直後となります。また、緒戦の日本軍の快進撃が止まり、連合軍からの反撃が始まった時期でもあります。

戦争による死が避けきれなくなった水木先生の苦悩と、その苦悩の解決を書物に求めたことが生々しい手記となって残っていました。本当は通読しないと、その試行錯誤は理解できないと思いますが、誤解を恐れず、それは措いて、手記からいくつかのフレーズをメモしておきましょう。

深く知らなければ救はれない・広く浅くでは駄目だ。(昭和17・10・2)

宗教には情熱があるけれども道徳にはない。だから道徳はいやだ。(昭和17・10・16)

読書は吾を救ふてくれた。
世に文字なかりせば吾は今頃如何なるものとなつていたか。
思へば読書は恩人である。教師である。吾に於いては、正に唯一の教師であつた。否、教師でありつゝつある。
吾はもつともつとよくなれねばならぬ。それには、常に十字架のような心を持つことが必要だ。(昭和17・10・26)


教養と言ふものを得るまでは、ヘーゲルの言つたように自己を捨てることが必要だ。
青年の不完全な教養は不完全な観念を生む。
無智程駄目なものはない。
青年時代の使命を、自己を知識にする事。
あらゆる手段を以てそうする事ではないだらうか。
僕はそう信ずる。
信じた以上は実行する事だ。(昭和17・10・28)


当時の20歳の、そして決して知識層に属していたとはいえない水木先生が考えていたことの思索について、現代の我々には驚きです。水木=荒俣(2015) で荒俣は、兵役(≒死)を前にした当時の青年の多くが読書に解を求めた姿を書き出しています。

青年たちを追い立てたもの-もちろん戦争です-を、少なくとも我が国から起こさぬようにしなけれなりません。この時期に、手記が発見され、出版されたことに思いを馳せたいものです。

と書いているうちに、高橋源一郎(2015) の紹介をする時間がなくなってしまいました。大学の同僚もこれから読むと言っていたので、その紹介は次の機会にしたいと思います。

Posted on 2015/09/26 Sat. 17:21 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

金曜日の夜に国会前の抗議活動に行ってみました。 

土曜日ですが、雑用をすませに大学に登校しています。
講義のない8月・9月は時間が許せば、研究室の庵主は甲府を離れているので、せっかく甲府にいるときは土日関係なく登校ということになります(明日日曜日も東京での研究会に出席です)。

さて、国会で審議中の安保法制への反対活動をする学生有志の団体SEALDs(Students Emergency Action for Liberal Democracy -s)が報道でも取り上げられることが増えています。また、ネット上でも、支持派・批判派が入り乱れて、情報や発言が流れています。批判派発言の有名どころでは、未公開株問題で追い込まれている元自民党の遠藤貴也議員の「自己中」発言がありましたね。

庵主も存在は彼らのその存在はネットで知っていたのですが、学部生向け法学雑誌である「法学セミナー」2015年9月号でインタビュー記事が掲載されたこともあり、8月21日、東京での研究会の帰り道に、彼らの主要な活動のひとつである毎週金曜日の国会前の抗議活動を見てきました。備忘禄も兼ねて、ちょっとばかりの印象記を書いておきます。

法学セミナーの表紙はコチラ↓ メンバー4人に対するインタビューでした。
201509法学セミナー

抗議活動は午後7時30分から始まるとのことだったので、少し早めに国会前に行き、様子を見ていました。「百聞は一見に如かず」で報道などで見ていたイメージと少し違っていたというのが実感です。

待っている間の国会の屋根はコチラ↓ 安物のカメラの解像度ですいません。
20150821国会議事堂1

気が付いた点をいくつか、順不同であげておきたいと思います。
●参加者は、国会前庭の歩道を半分に区切ったところにいなければならない(良く言えば通路が確保されている)ので、ウナギの寝床状態で参加していました。もっとも先頭(国会議員や著名人。昨夜は小池晃議員と佐高信氏だったようです)は、後方の参加者には全く見えません。
参加者は赤い線の場所に行列していました。
20150821国会2
前庭南側から中心方向を写してみました。ノーフラッシュなのでこの程度でご容赦を。手ブレもあります。
201508国会3
●中心となるメンバーやスタッフさんは学生さんのような感じでしたが、一般の参加者は年配の方から制服姿の高校生まで幅広かったです。ただ、元気なのはむしろ年配の方(庵主よる年上かもしれません)でした。
●他の団体(反原発団体など)もこの周囲にいましたが、基本的に別行動でした。
●SEALDsのメンバーかどうか分かりませんが、「中核派のビラを受け取らないように」と注意をしている人たちがいました。確かに中核派(前進社)は離れたところで宣伝活動を行っていました。
●救護班の用意もありました。
●シュプレヒコールは、「憲法守れ」、「安倍はやめろ」、「集団的自衛権はいらない」、「戦争法案廃案」などを、ドラムのリズムに乗せるかたちで、スピーカーが調子をとって行っていました。
●多くの人がA4サイズのプラカードを持参していました。これがないと(庵主はもっていない)、参加するにはさびしい。


雰囲気としては「お祭り」、「クラブ」といった感じでしょうか。
庵主は京都大学の学生時代に知り合いに動員され、京都河原町から円山公園へのデモに参加したことがありますが、その時の雰囲気とは全く異なります。SEALDsの活動は、ずっと明るい印象でした。

最後に、庵主は一応法学の教員なので、国会前の交差点にいた見守り弁護士の方と少し立ち話をしてみました。
●見守り活動は反原発などの活動の過程で、警察による過剰規制が目についたので、始まった。
●SEALDsについても過剰規制のおそれがあるため、見守り活動をしようということになった。
●弁護士会などは全く関与してない、弁護士有志による活動である。
●見守りに参加している弁護士は司法修習時代からの仲間というわけでなく、弁護士登録後の仲間である(この点は党派性があるかどうかを気にしたのでしたみました)。


8月には23日、30日と大きな集会があるそうです。また、金曜日には国会前で活動をするそうです。
今回は研究会帰りの荷物・恰好だったため、この程度の印象記でご容赦を。

Posted on 2015/08/22 Sat. 14:11 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

日本にも台風前夜、風雲急かもしれません。 

7月に入って前期も大詰めとなったため、更新する時間がありませんでした。
というわけで、久しぶりの更新です。

今日の研究室の窓からの様子はコチラ↓ 久しぶりに南アルプスをと思ったのですが・・・台風の影響です。
20150715風景

今夜には台風11号が日本を直撃するということで、研究室のある甲府にも影響が出ています。
山梨と首都圏を結ぶ重要路線である中央本線(中央東線)は、大月-高尾間で運休となり、あずさ・かいじの両特急は全面運休状態になっています。

運休を知らせる掲示板(午前9時47分ごろ現在)はコチラ↓ 列車での移動はあきらめないと状態です。
20150715中央線1

というわけで真っ黒な案内板はコチラ↓ 閑散ですね。
20150715中央線2

台風の襲来に備えて、今日は早く帰りたいのです。ただ、夕方から会議があるあるし、歩いて帰ることができるところに住んでいるので、大学には居なければなりません。

ところで、台風11号も心配ですが、日本全体にとってもっと心配なことが起こっています。
それは、いわゆる安全保障法案についての、衆議院特別委員会での強行採決です。庵主も、企業を離れ、大学に身をおくようになったので、主体的ではありませんが、できる限り意思表示をすることとしています。

現時点で、呼びかけに対して、賛同の意思表示をしたものとして、次のものがあります。
●自由と平和のための京大有志の会
http://www.kyotounivfreedom.com/manifesto/

●安全保障関連法案に反対する学者の会
http://anti-security-related-bill.jp/


ただし、これらの会の発起人や主張への賛同者も全く同じ(政治的)思想・信条をもった人たちではないということに注意が必要です。大まかには次のように整理ができると思います。

           (信条)             (憲法・法律への認識)              (結論)
立場1:集団的自衛権行使に反対 ⇒現在の憲法では容認されない ⇒法案は違憲 ⇒法案を廃案にすべき
立場2:集団的自衛権行使に賛成 ⇒現在の憲法では容認されない ⇒法案は違憲 ⇒法案は廃案にし、憲法改正議論をすべき
立場3:集団的自衛権行使に賛成 ⇒現在の憲法でも容認される ⇒法案に問題 ⇒審議継続か今回は廃案にすべき


積極的に声を上げている人たちには、立場1と立場2の人がいると推測します(ちなみに庵主は立場1と立場2の中間くらい)。また、世論調査で否定的な意見の人には、立場3の人も少なからずいるものと推測しています。

法学を専攻している者としては、信条も重要なのですが、それ以上に法律的にどうかという点も重視しなければなりません。国際情勢を問題とし、集団的自衛権行使の必要性のみからの主張をすることもできる政治学者や外交専門家と異なるわけです。

では、法律的にどうかという点が法学を専攻している者だけの問題なのかというと、こと憲法適合性が問題とされている以上、そうでもないのです。
なぜなら、憲法というのは国民が国家に対し権力を付託するあたり、交わした約束であり、国家はこれに反することは許されない(立憲主義)という点で、極めて政治的なものであり、憲法適合性を無視した議論は、立憲主義をないがしろにし、独裁制につながるおそれがあるからです(東アジアのいくつかの国も憲法はありますが、施政者はそれを無視あるいは軽視しているように見えますよね)。日本国民が独裁的な政治体制を志向しないのならば、法律の専門家であろうとなかろうと、憲法適合性については厳しく検証し、発言してゆく必要があります。
いろいろと書きだすときりがないのでこれで終わりにします。

天災・人災を問わず、災害が発生しないように準備も大切ですが、被災後どう克服してゆくのかが一層重要になります。庵主も全てのフレーズに賛同しているわけではないですが、「自由と平和のための京大有志の会」の声明書を張り付けておきます。

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。

自由と平和のための京大有志の会

Posted on 2015/07/16 Thu. 13:40 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

姥捨てなのか?日本創生会議の提言 

研究室のある甲府は曇り模様ですが、まだ雨は降りだしていません。

研究室の窓から見える今朝の南アルプスはコチラ↓ ぼやけていますが冠雪が少なくなりました。
20150605風景

ちなみに昨日の様子はコチラ↓ 少し分かり易いかしらん。
20150604風景

5月は本務校の講義・ゼミの準備や入試作業、非常勤先の講義の準備、研究会報告の準備でバタバタしており、結局2回しか更新できませんせんでした。今月もその嫌いはあるのですが、更新できるときにしておきましょう。

さて、今朝の主要紙のうち、毎日新聞を除く3紙の一面トップ記事は、いずれも日本創生会議(座長・増田寛也元総務相)の提言でした。ちなみに見出しを引用すると、以下のとおりです。
読売新聞(13版) : 「介護難民」10年後43万人 東京圏13万人地方移住を提言
朝日新聞(13版) : 足りぬ介護「地方移住を」 10年後、東京圏の需要45%増
日経新聞(12版) : 介護施設13万人分不足 41地域へ移住提言


新聞(日経・朝日だけですが・・・)はこんな感じです↓
20150605新聞

記事の趣旨としては、東京千葉、埼玉、神奈川の1都3県(東京圏)では高齢化が急速に進み、10年後には介護施設・人材の不足により13万人分が不足するので、介護施設に余力がある26都府県41か所を例示して、高齢者の移住を促すべきであるとするものです。

日本創成会議のウェブサイト(URL : http://www.policycouncil.jp/ )を見てみると、いきなり「首都圏高齢化危機回避戦略」とのネーミングに立ち止まってしまいます。そこで立ち止まらずに、提言の中身を見てみると、首都圏の年齢動態や流入流出状況を分析した上、4つの提言をしています。その4つとは、①看護・介護職員など人材の大量投入を必要とする医療介護福祉のサービス構造の見直し、②地域医療介護体制の整備と高齢者の集住化の一体的促進、③一都三県をカバーする行政対応の確保、④東京圏の高齢者の地方への移住の促進、です。

メディアが飛びついたのは提言の4番目であることが分かりますね。

しかも、微妙なのは、提言本文の見出しでは「東京圏の高齢者が希望に沿って地方へ移住できるようにする」とし、各人の希望を打ち出していますが、メディアが参考にしたと推測される概要版ではこの点は強調されていません。その理由としては、具体策として、「企業の勤務地選択制度の普及や地方移住(二地域居住を含む)を視野に置いた老後生活の設計を支援する取り組み」が重要であるとし、制度論にとどまっています。

制度的支援も確かに重要なのですが、欠落しているのではないかと危惧する点があります。
第一に、なぜ首都圏に高齢者人口が滞留しているのか、という問題です。これは政官民が作り上げてきた、日本の産業構造にも切り込んでいかないと解決策は見出せないでしょう。
第二に、高齢者の希望は千差万別であり、マスの議論にはなじまない話だと思います。

これらの点からは、形式化された「希望」にしたがって地方に追いやられる人が出るおそれがあり、新聞上である論者が指摘するように現代の姥捨て山に繋がりかねないとの懸念が出ても仕方がないと思われます。日本創成会議のメンバーのような功なり、名を上げた人と違い、経済的に劣る者は、労働力としての価値がなくなったら、我らが東京から出て行けと言っているのではないかと勘ぐったりしていまいそうです。

東京の本音が垣間見える貴重な提言です。
これを批判するだけでなく、各地域としては一生を通じて過ごせるような、教育・雇用・医療などの振興を考えないといけないのでしょう。果たして研究室のある地域はどうでしょうか。

-- 続きを読む --

Posted on 2015/06/05 Fri. 11:01 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31