身延町の七面山敬慎院に連れて行ってもらいました【本編】  

研究室のある甲府も本日はどんよりとした雨雲に覆われています。
この週末は、天気がいまひとつのこと、いろいろと所用が重なっていることもあり、お仕事ウイークエンド と庵主は勝手に銘打って、研究室に登校しています。

今日の南アルプス(峰ないですが・・・)はコチラ↓ 雨は降っていません。
20171014風景

さて、一昨日木曜日に予告した、七面山への登拝記録をメモっておきたいと思います。

七面山は身延山久遠寺の奥にあり、身延山のご守護をされる七面大明神 が住まうところとされ、標高1700メートル付近に七面大明神をお祀りする七面山敬慎院があります。

七面山敬慎院の位置関係。国土地理院の電子国土から。


土着信仰色の強い庵主としても以前から興味のある聖地でした。今回たまたま、甲斐市の常説寺の高橋住職からお誘いがあったので企画に乗っかったというわけです。特に、高橋住職からのお誘いメールに「10月11日(水)、12日(木)と七面山へ登山する予定でおります。~中略~。ご予定が合えば、ご一緒しませんか?ちょっと神秘的な体験ができると思います。」あり、神秘主義的傾向もある庵主としては是非ともの参加になりました。

甲府駅を7時過ぎに出発し、途中でピックアップしてもらった後、高橋住職の車で、山梨県南巨摩郡身延町羽衣に向かいます。羽衣は、七面山を源流とする春木川沿いの小さな集落で、七面山の表参道登山口となっている集落です。登山口の対岸には、”白糸の滝” という滝があり(写真なし)、滝行で身を清めることもできるようです。

さて、いよいよ登拝開始です。ここの標高は500m。
201709七面山2

敬慎院まで、標高差1200mを一気に登ってゆきます。
途中には4か所の坊--神力坊、肝心坊、中道坊、晴雲坊--があり、休憩できる施設となっています。

二丁の神力坊(山側から)。法具も売っています。
201709七面山3
十三丁の肝心坊
201709七面山4
二十三丁の中通坊。後ろ姿は先達を務める高橋住職
201709七面山5
三十六丁の晴雲坊---写真取り忘れ( ;∀;)

4時間の登り続けるというのは、精神的にかなり辛かった、というのが本音です。

これも修行

四十六丁を過ぎ、4時間の登山の後、いよいよ寺域に入っていきます。

和光門から入る、今回のご同行のみなさま
201709七面山6

あと一登りをすると、いよいよ随身門、そして敬慎院(宿坊)へと続きます。

随身門。彼岸の中日には、この門からご来光の光が入ってくるんですよね。
201709七面山7
敬慎院の宿坊入口。 お堂は畏れ多くて写真を撮っていません。ここに一泊します。
201709七面山8

ところで、「ちょっと神秘的な体験」ができたのか? についてですね。

結論を言うと、ご先達から薬酒をたくさん頂戴し、神仏、精霊、魑魅魍魎、狐狸妖怪と感応する間もなく、寝入ったので、良く分かりませんでした。生きていない人はあちらこちらで徘徊されていたようですが・・・

で、考えてみると、高橋住職のおっしゃった神秘的体験といのは、コチラ↓だったのかも・・・

翌朝の富士山からのご来光
201709七面山9
神々しい高橋住職
201709七面山10

庵主は法華信者・日蓮宗徒ではないので、再拝機会があるかどうか分かりません。
よい修行の場であったことは間違いありません。

スポンサーサイト

Posted on 2017/10/14 Sat. 13:58 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

身延町の七面山敬慎院に連れて行ってもらいました【予告】 

昨日から1泊2日で、山梨県南部の身延町にある七面山敬慎院 に連れて行っていただきました。

標高1700メートルの高地にあるのですが、道路は通じておらず、徒歩でしか行けない(急病人はドクターヘリで運んでもらえる)という日蓮宗の修行の場です。

参拝記をメモしておきたいと思うのですが、本日疲労につき、予告だけです。

案内図はコチラ↓ 表参道を往復しました。
七面山案内図


Posted on 2017/10/12 Thu. 17:22 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

甲信御岳参詣道の復活⑥-東口の金櫻神社 

研究室のある甲府もこの週末は良い天気でした。
1日は原稿書き、1日は外出をしていましたが、気が付くと明日(10月3日)から始まる講義の準備が完了していません。

今日の南アルプス(方面)の様子はコチラ↓ 天気下り坂です。
20171002風景

さて、この週末の外出は、御岳参詣道東口に鎮座する金櫻神社をめぐることにしました。天気に誘われて、自転車で出かけたのですが、あら大変な強行軍になってしまいました。

参拝した順に記録しておきましょう。

杣口金櫻神社(山梨市牧丘町杣口)
ご祭神:大国主命、少彦名命
ご由来:金峰山の里宮ともいわれていますが、金峰山に行く前に「奥社地」(高原という地名だそうです。旧社地のこと?現地未確認)があるとの地図もあります。このお社は金峰山と富士御坂道を結んだ線上にあり、南北朝のころには山伏がさかんに通った道といわれています。

牧丘町窪平から県道2019号線を柳平方面に上ってゆくと、立派な赤鳥居(一の鳥居?)が見えてきます。
杣口1
赤鳥居をくぐった後も、結構な坂道の登ってゆき、いよいよ二の鳥居の前に到着です。
杣口2
境内は、米沢山雲峰寺(無住)の山手にあります。
杣口3

非常に清々しい印象です。社地も人の手を離れて、神仏の住まうお山に還りつつあるのかもしれません。

万力金櫻神社(山梨市万力)
ご祭神:掲示なし
ご由来:織田信長の甲州攻めの際に一度破却されており、詳しいことは分からないようだか、古棟札に源頼朝の発願によったことが記されている。ここも御岳参詣道東口の万力ルートの入口にあたる部分となっている。

森の入口にきれいな鳥居がありました。
万力1
鳥居をくぐり山道のような参道を登ってゆくと、随身門がありました。
万力2
お寺の山門の転用かもしれません。かつて、延命寺という神宮寺があったようですが、その後退転されて甲府市東光寺の誓願寺になっているとのことです。
門をくぐると拝殿が正面にあります。
万力3
歌に回るとけっこう大きなお社であることがわかります。右手の建物は拝殿、本殿は木に隠れて見えませんが、右端です。
万力4

人里近くの神社でもあり、いまだに付近の住民の信仰が篤いことが分かる。その意味では、生きている神社なのでしょう。

[ここに地図をいれます-作成中]

この二社に、御岳の金櫻神社を合わせた三社は、山梨のパワ-スポットとして取り上げられることがあります。
庵主自身はパワースポットとかで騒ぐことはあまり好きではないのですが、参詣道の復活を考え、参詣の方が増えるなら、そういう宣伝もあるだろうなと思っています。


------------------
おまけ
実は、杣口と万力の二社以外に東口方面にはもう一社、金櫻神社があります。山梨市歌田に鎮座する金櫻神社です。
果樹園の間にある鳥居をくぐって社殿に向かいます。
歌田1
手入れの行き届いた境内です。
歌田2

歌田の金櫻神社は、社伝を見ても金峰山のことは出ていません。また、金櫻の由来も、もともと秋櫻であったところ、秋は五行配当で金にあたるためとされています。さらに、神紋も杣口の金櫻神社と万力の金櫻神社は、「〇の中に金」でしたが、歌田金櫻神社では武田菱となっています。

甲信御岳参詣道の復活では、歌田の金櫻神社は関係がないようです。

Posted on 2017/10/02 Mon. 14:01 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

圧制ヲ変ジテ、良政二改メ--秩父困民党の最後の戦いの地 

そろそれ甲府盆地ではキンモクセイの花の香があちらこちらから漂ってきます。
勤務校では来週から講義が始まるので、今のうちにと思いながら、なかなか用事が進まない毎日です。

今日の南アルプスの様子はコチラ↓ 久しぶりに夕刻の風景です。
20170926風景

さて、この週末は晴れ予報だったので、以前から気になっていた 秩父困民党 の最後の戦いが行われた長野県南佐久郡小海町に行ってきました。

秩父困民党による秩父事件とは、明治藩閥政府の松方デフレ政策の下、生活に困窮した秩父の養蚕農家を中心として、1884年(明治17年)11月に発生した民衆蜂起のことをいいます。
主要メンバーに長野県南佐久郡北相木村の出身者がいたことから、秩父での軍隊・警察との戦闘で敗走後に長野県に後退してきました。後退後に行われ、最後の組織的な戦いがあったのが、現在の南佐久郡小海町東馬流にあたります。

困民党軍と高崎鎮台兵との銃撃戦があったとされる天狗岩遠景はコチラ↓ 岩の脇を小海線の線路が走っています。
東馬流1

天狗岩の脇にある戦跡の表示はコチラ↓ 後ろは小海線ですね。
東馬流2

困民党は、お上に逆らったということで、永らく日陰の存在でした。
古戦場近くにある「秩父困民党散華之地」の碑も、1984年に建てられたものです。

散華之地の碑はコチラ×2↓ 逆光ですいません。
東馬流4
東馬流3

このでの銃撃戦は、高崎鎮台兵の2方向からによる攻撃により、2時間ほどで終了し、その後困民党の敗走と鎮台兵・警察は追撃があり、困民党側に13名の戦死者を出して、最後の戦いは終結しています。

この時の戦死者のうち、佐久地方の出身者4名の遺体は遺族・関係者に引き取られたのですが、それ以外の9名(うち7名は身元不詳)については、地元の諏訪神社の隅に地元の人たちにより葬られることになりました。

戦死者の墓はコチラ↓ 1933年に関係者により建立されました。
東馬流5

1945年の第二次世界大戦敗戦前であったため、「秩父暴徒」と記載されています。そのように記載せざるを得なかった遺族の気持ちはいかばかりだったでしょうか。

タイトルの「圧制ヲ変ジテ、良政二改メ」は後の裁判での供述にあった言葉だそうです。
世間では解散総選挙の話題一色ですが、民主的な制度が確立した現代でも、圧制に出番を待って、我々の近くに隠れています。
秩父困民党に参加した先人に思いをはせる週末でした。


秩父事件について、秩父事件研究顕彰協議会のウエブサイトがあります。ご参考まで。
http://www.chichibujiken.org/

-----------------------
おまけ

小海線小諸行きの気動車が通ってゆきました。鉄分が薄いので、形式とか分かりません・・・
東馬流6

Posted on 2017/09/26 Tue. 18:52 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

甲信御岳参詣道の復活⑤-オオカミ伝承(その3) 

研究室のある甲府もそろそろジャケットが必要かなと感じる季節になりました。
今日の大学では後期ガイダンスが開かれたので、出席してきました。いよいよ後期が始まります。

けさの南アルプスの様子はコチラ↓ 雲がかかってしまいました。
20170922風景

今日もオオカミ伝承の抜き書きをメモっておきたいと思います。北口(長野県川上村)の続きです。

金峰山北口方面の続・オオカミ伝承
浅川欽一『信濃川上物語』(国土地理協会、1982)
松谷みよ子『現代民話考[10]狼・山犬・猫』(ちくま文庫、2004)より引用(孫引き)

[北3‐1]犬は空を向いてワンワン鳴く、山犬は地へついてオーってうなるそうですがねえ。オーっとやられると、どんな獣でも震え込んじまう。馬なんかだって、全然動けなくなっちまうってねえ。土に向かってオーってやられると、地響きするってねえ。昔、諏訪の殿様が死んで埋葬したらばねえ、山犬が墓所をあばいたってねえ。しかもそれが白い毛のオオカミだったって。それでこっちまでお触れが出て、「もしその山犬を仕留めた者には、ほうびをやる」ってさあ、わしの隠居がそんなこといいやしたよ。山犬ってものは、灰色だってねえ、赤いもんでもなし、黒いもんでもなしにねえ。27


[北3‐2]わしのおやじは、今生きておれば、百越しているけどねえ、山犬には三回行き合ったというですよ。一回はねえ、夜明けに、馬に乗って、草刈りに行ったところが、馬がふうふうって、ちっとも動かねえって、立ってて。それで怖いような格好するから、向こう見たら、山犬がこっちへ向いているって。それでもって、びっくりしちゃってねえ、身震いするほどおっかなくなったけれど、帰るわけにもいかねえから、馬から降りて、それで馬の手綱持って、そうして、馬ひっつってねえ、それで後とび(走り)抜けて行ったら、山犬は振り返って見ながら、こなかったといいやしたねえ。36


[北3‐3]これも、わしの隠居の話だがねえ、このときゃ一番怖かったっていたねえ。ここでは、エエ(結い)っつことやるわけです。今夜は君の家で、あしたの晩はおらの家っつように決めて、共同で稲刈りってのやるわけです。それで友だちと約束して、夕飯食べて行ったけど、友だちはまだこねかったってねえ。それで自分だけで刈ろうと思って、馬越坂という場所、居倉と境のこっちの。そこへ行って稲刈ってたところが、なんだかいやな音がしたってねえ。それで、見たら、道へねえ、山犬がきていて、バタバタッと足がたぶっちゃ(足ぶみしては)ねえ、尾を土へたたきつけちゃいるって。それでもうびっくりしちゃって、血の気もよだつような思いがしたってねえ。そうそうなりゃ稲刈るどころじゃねえ。後ろ見せちゃいけないそうだから、道へ出て石を投げたってねえ。だが、ちょっと石がとんでくるときしょぼって(尻尾を下げて)行くけれども、また向こうからやってくるから、後びっちり(後ずさり)で石を投げしな、それでやっとこねえ、中畑ほちっつとこへきたら、友だちの人が稲刈りにきてなあ。「早くこうやあ、山犬にかかられそうだから」っつわけで、二人でもって石投げてねえ、こんだ二人になって騒いだら、逃げたなんていったけどねえ。36


[北3‐4]この辺じゃこんな寒いとこだから、明治初期まで蚕を飼うに、桑を山梨県へ行っちゃ、買ってきたわけです。そうしちゃ馬に二段ぐれいつけて平沢峠を通ってくると、必ず山犬が後をつけてくるっつんです。後をつけてくるけんど、ひいている本人が転ぶか、かからんければ、山犬は人に危害を加えないっつことをうすうすみんなに聞いて知ってたから、だまって馬をひいて、テコテコきたそうです。そうしたら、スタスタ後をつけてきたけれど、かからねかったってねえ。


[北3‐5]居倉ってとこに、与平って鉄砲撃ちがいたですよ。この人、生きていれば、百五十ぐれいになるけどねえ。その人の話、聞いたけどねえ、「おれは山犬三匹撃ち殺したといったねえ。それが最後でねえ、この村にゃ山犬がいなくなったですよ。明治三十三年(一九〇〇)だっていうですよ。その最後の山犬撃ったときの話は、こんなふうにしてくれたねえ、居倉山って山があるの、その山すそにオッカグラってところがあるそうですねえ。与平って人は、そこへ行って、笛吹いたってねえ。鳥をおびき寄せる笛で、雌の笛吹くと雄がやってくる。雄の笛吹くと雌がやってくるってねえ。じいさん、そういう笛やって、タバコ吸いながら、じっとうかがっていたら、キジが舞い立ったってねえ。“おかしいなあ、おれを見ぬうちに舞い立つなんて”って、立って向こうを見たら、山犬が寝ているだって、昼寝して。そこで、散弾を実弾に込め直して、ズドーンと撃って、一発で仕留めたってねえ。(それがこの村の最後の山犬で)、「おれが最後の山犬撃ったのだ」なんて、いってたけどねえ。171


[北3‐6]去年だか、一昨年、松原の、最近亡くなった鷹野一弥君が、そんなこといいましたけどねえ、山犬の足跡があったってねえ。「いや山犬なんか、そんなもの、日本国中にいねじゃねえか」っていったら、「これが山犬の足跡だ」なんて、拓本とったの見したったがねえ。「まだわからねけど、必ず八ヶ岳に山犬がいる」なんて、いってましたがねえ。173



Posted on 2017/09/22 Fri. 14:15 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

甲信御岳参詣道の復活メモ ④-オオカミ伝承(その2) 

いよいよ9月も半ばになりました。
後期の講義開始まで2週間あまりとなりましたが、雑用におわれて、更新も滞っています。

今朝の南アルプスはコチラ↓
20170913風景

対馬でカワウソが目撃されたというニュースが最近流れていました。ニホンオオカミについても、生存説があり、庵主の知り合いでも期待を込めてこの説を唱えている人がいます。今日も、甲信御岳道のオオカミ伝承のつづきをメモしておきたいと思います。

今日は、東口です。東口は現山梨市にあたり、富士山からの修験者の道があったそうです。

金峰山東口方面のオオカミ伝承(山梨市)
山梨市役所『山梨市史民俗編』(2005年)

[東1-1]江曽原の三峰講中でも、代参は遠路はるばる秩父まで山越えの旅をした。山中で道に迷うことがあっても、三峰神社の眷属であるオイヌサマ(御狗様・狼のこと)が現れて道案内をしてくれたという。504


[東1-2]胎盤はカマスに詰めて畑に深く埋め、上に石を載せておき、山のオイヌ(御狗・狼のこと)にほじくられないようにする(八幡)517


三富村村誌編集委員会『三富村誌』(1996)

[東2‐2]埋葬するおりには、ムシロで棺をくるみ、沈め、~中略~土饅頭を被うように、墓に持ってきた旗竿などをさし、さらに鎌をさした。このおり芹沢では、三角錐状に二方をくじいた青竹、一方を木で支え、頂点を藤蔓で結び、そこから石を吊すものを作る。これはマヨケといわれ、狼や犬などに墓地を掘り返されないようにというわけであるが、埋葬した死霊が蘇生しないようにするための呪術であるという学説もある。



Posted on 2017/09/13 Wed. 11:04 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

たいへんだ~ 

大変だ~。
雑用でバタバタしたり、疲れで熱だしたりしているうちに、更新を怠っていたため、1か月放置でもれなくついてくるスポンサーサイトが掲載されてしまいました。

久しぶりの窓からの南アルプスを投稿して、お茶を濁しておきま~す。

アリバイ工作のための南アルプスはこちら↓  山頂が見えることが少ないんですよね。
20170906風景

Posted on 2017/09/06 Wed. 12:43 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31