立証責任について 

昨日後期入試の合格発表もおわり、いよいよ来年度モードに突入の研究室です。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ やはり昨夜のお山は雪だったようです。
20170322風景

最近、「森〇学園」に関する国会での質疑において、どこかの首相が
「立証責任は野党であるあなたがたにあるんですよ」
逆切れする場面をテレビで見たことがあるのではないでしょうか?

どこかの首相は、法律(訴訟法)用語として「立証責任」を使用しているわけではないのでしょうが、訴訟法の専門家ではないまでも、法律をかじっている庵主としては用語法に違和感を感じてしまいました。

訴訟法の教科書(それも手元にある刑事訴訟法と民事訴訟法の教科書。庵主は専門ではないので、少し古い版になっています。)を見てみると、立証責任という用語は使われず、挙証責任(刑事訴訟法)と証明責任(民事訴訟法)という用語が使われています。いずれも両義的な用語なのですが、先ほどの逆切れ発言を訴訟法上の用語と対照してみると、争いになっている事象の存否について、
誰が証拠を提出しなければならないか?
という意味(主観的挙証責任・主観的証明責任)で使われているようです。

その責任の所在は通常法令で定まっています。
一般論的にいうと、その事実の存否を主張する側が主張することとなります。
まあ、当たり前といえば当たり前ですね。

ただし、主張された側の当事者が証拠物を滅失させてしまったときにはどうなるのでしょう。
刑法上は、被疑者が証拠を隠滅しないことは期待できないとして、刑事罰の対象になっていません(刑法104条参照)し、上記の立証責任に特段の影響は与えないようです(自信なし)。民事訴訟上は、証拠文書を滅失等させた場合について、証明責任の軽減あるいは転換を認める規定が置かれています(民訴法224条)。

今回は国会と政府との関係です。
訴訟とは事実の存否を争う両者の状況が全く異なりますね。

これらを踏まえて、どう考えるかは国民一人一人への宿題です。
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/22 Wed. 16:43 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

甲府地裁平成民事判例の紹介(12・完)-平成27年10月6日判決 

月曜日に前期試験の発表も終わり、今週末の後期試験の間の庶務処理週間の庵主の研究室です。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 久しぶりですね。
20170308風景

さて、今日は「甲府地裁平成民事裁判例の紹介」の最終回です。
庵主が使っている判例システムで見たところ、比較的おもしろ気なものが出尽くした感があるので、一旦終了とさせてもらいます。今後は、何かあれば的に紹介したいと思います。

今日の裁判例は、発注を受けられると思って、機械も導入した会社が期待した発注を受けられなかったことを原因として損害賠償を求めた甲府地裁平成27年10月6日判決です。
このような事案は、訴訟にまで至るかどうかは別として、お互いに都合のよいビジネストークの中でしばしば発生するおそれのあるものです。山梨特有の事案ではないものの、ありがちな民事事件としてとりあげておきたいと思います。

【事案】
 原告X社は雑穀類の精白加工・販売等を行う株式会社であり、被告Y社は精麦、精米、製粉、製麺その他各種食品類の製造加工等を行う株式会社である。平成14年(2002年)以降、X社はY社から技術・人材の支援を受け、主たる事業を雑穀事業に転換し、そのころから雑穀製品についてY社を委託先、X社を受託先とする製造委託取引を行っている(この当時Y社はX社の49%の株式を保有し、役員も派遣していた)。今回問題となった取引については平成16年4月1日付けで取引基本契約書も締結している。
 訴外A社が雑穀製品のテレビCMを放映するようになり、その影響でY社の販売する雑穀製品の売り上げも伸びてきた。そこで、Y社は平成21年初頭ごろ拡大販売計画を立て、新商品(以下「本件製品」という)の販売を同年秋に販売することとした。しかしながら、Y社工場の製造能力は当該計画の販売計画を下回り、製造能力の増強に時間を要するため、Y社はX社に対し上記計画を示し、製品の製造および新たな包装機械の設置が可能かについて検討を依頼した。また、同年5月および6月にX社はY社から平成21年度ないし平成23年度の製造重量および金額を記載した商品一覧表および雑穀事業の見通しを記載した書面を交付され、これらに基づいて自社の生産能力を検証したところ、包装機器の生産能力が不足するとして、新たな包装機器(以下「本件包装機械等」という)の設置を決定した。平成21年9月には本件商品(Y社製造)の販売が開始され、その後複数回開催されたY社の会議において、X社への製造委託開始時期を平成22年4月とすることが検討されていた。
 しかし、訴外A社のテレビCMは放送されず、本件商品の販売は商品一覧表に記載された内容を大きく下回り、Y社は従来からX社の製造委託している製品の発注(一部は本件包装機械が製造された)を除き、平成21年から平成23年の間製造委託の発注は行われなかった。その間、製造委託や本件包装機械に関する要望や交渉がX社・Y社間で交わされたものの、交渉は決裂し、上記取引基本契約もY社の申し出により終了した。
 そこで、X社がY社に対して、売買契約の債務不履行(主位的主張)または信義則上の注意義務違反(予備的主張)に基づく損害賠償を求めたものが本件である。

【判決】一部認容
1.債務不履行
 商品一覧表を提示し、X社が本件包装機械等の購入を決定した平成21年8月までに、当該商品一覧表に基づく製造委託契約が成立したとするX社の主張に対し、裁判所はX社・Y社間の取引基本契約には個々の委託契約の発注方法が定められており、また従来行われていた発注方法がこれに該当し、また上記商品一覧表には納期等を定められていないところ、別途合意がなされたとは認められず、3年もの長期にわたる製造委託の合意があったと考えることは不自然であるとして、商品一覧表の提示は注文に該当せず、契約が成立していない以上、X社の主張する債務不履行は認められないとした。
2.信義則上の注意義務違反
 裁判所はまず損害賠償を負うべき場合について、「契約を締結するか否かは、本来、当事者の自由な判断によるべき事柄であるが、当事者間の契約の交渉が成熟し、当事者の一方が当該契約の締結につき強い信頼を抱く状態に至った場合には、上記信頼は、信義則に照らし、法的に保護すべきものといえる。そして、一方当事者の上記信頼が法的保護に値するものと認められる場合において、相手方が帰責性のある行為により契約を締結せず、それが信義則違反と評価されるときは、相手方には、法的保護に値する利益を侵害したものとして、信義則上の注意義務違反による不法行為が成立し、相手方は、これと相当因果関係のある損害として一方当事者が契約の締結を信頼して支出した費用を賠償すべき責任を負うものというべきである」と規範立てをしました。その上で、契約交渉の発端、具体的な販売計画の提示、本件包装機械等の設置を前提とした被告による委託開始準備状況、さらに長年の取引関係、などの事情から、被告Y社は原告X社に対して、本件製品について、原告が本件包装機械等で製造することを前提に、商品一覧表「に記載された程度の内容の個別の製造委託契約を締結できるとの強い信頼を与えておきながら、本件商品の売上げが当初の予測を下回ったことにより、原告との間で個別の製造委託契約の締結をしなかったものであって、このような被告の対応は、被告に帰責性のある行為であり信義則に反するものと評価するのが相当であ」って、「被告には、信義則上の注意義務違反が認められ、被告は、原告の法的保護に値する利益を侵害したものとして、不法行為に基づく損害賠償責任を負う」とした。

【紹介】
1.判決文中では、Y社について、国内雑穀市場の市場占有率は第1位(34.7%)としていることから、Yは富士川町にある大手の「●く●く」ですね。公表判決文でも仮名になっているので、梨大卒業生の有力も就職先でもありますし、この紹介でも仮名のままにしておきます。X社は少し新聞記事などを調べてみたものの、不明でした。
2.予備的主張は、いわゆる「契約締結上の過失」といわれるものです。現行法には規定はないものの、学説・判例で認められています。裁判所の説示部分(判旨の赤太字のところ)を、目がチカチカするでしょうが、参考にしてください。
 夢のある案件であればあるほど、現場は上手くいかなかった場合を想定しておらず、どこの会社でも起こりうる問題です。
 法務部門があれば助言ができたはずなので、「●く●く」も法務部門を整備しませんか?
3.損賠賠償額については、「(包装機械の購入価格相当額-中古価格)×過失割合5割」という算式で求められました。
 過失割合5割というのは引き分けに近いといえるでしょう。競合他社のコマーシャルに期待した販売計画を提示されて、それをうのみにして設備投資したことに原告の落ち度があったことが認められた結果です。
4.この事件は東京高裁に控訴され、損害賠償額が減額されたものの、X社の予備的主張は認められました(東京高判平成28・6・16)。

Posted on 2017/03/08 Wed. 16:57 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

【台湾事後報告③完】保安宮から護国禅寺へ 

今日も入試業務のために登校中です。

10年近く年に2回は台湾に訪れている庵主ですが、都心である中山北路周辺を除くと、点と線で結んでいるだけでした。桃園機場から台北市街を結ぶリムジンバスに乗っているときにいつも気になっている場所に今回やっと訪問できました。

その場所は、大龍峒保安宮 です。

高速道路を降りたリムジンバスからは、立派な壁が見えるのですが、今まで中の様子が分かりませんでした。MRT淡水線圓山駅から歩いての参拝です。

立派な壁はコチラ↓ 道路は酒泉街から庫倫街へと続く道で、リムジンバスが左から右に走ります。
201702台北21

いつも気にしていた壁の裏側は保安宮の中国庭園になっており、龍が水を吐いているところに遭遇。

水を吐く龍はコチラ↓ 中国っぽいです。
201702台北22

保安宮を調べてみると台湾三大パワースポットとして紹介している日本語のサイトもありました。マイルールで神様(神像)の写真は撮らないので、写真といわれ、大事なご利益などの詳しくは台北ナビの記事を参照してください。

台北ナビのURLはコチラ→ http://www.taipeinavi.com/miru/44/

今回は保安宮の参拝の後、MRT淡水線圓山駅の反対側にある、臨済護国禅寺も併せて訪問です。護国禅寺は日本統治時代に創建されたお寺です。現在は鉄筋コンクリート造りの建物が多い(MRTからはこの建物が見えており、何かなとずっと思っておりました)のですが、創建当時の建物も残っています。

台北市古蹟にも指定されている大雄寶殿はコチラ↓ 内部は中国風の造りになっていました。
201702台北23
昔の山門(?)はコチラ↓ 石柱にある日本統治時代の施主・建立時期は埋められています。
201702台北24

護国禅寺のある小山には、新石器時代からの複合遺跡(圓山遺跡)があり、古くから人々の営みがなされてきたところです。そういう点では、いわゆるパワースポットの一つかもしれませんね。

MRTの台北駅や中山駅からも淡水線1本のみで行けるので、何度目かの台北訪問の折に訪れてみるのはいかがでしょう?
---------------
<おまけ>
保安宮と台北孔子廟との間の交差点にあったサルの石像。「聞かザル」だと思うのですが、どうも頭を抱えているとしか見えないですね。後ろの壁は台北孔子廟。
201702台北25

Posted on 2017/03/04 Sat. 15:41 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

【台北事後報告②】 阿嬤家 和平與女性人權館に行きました 

今日も入試業務のため登校しているので、その合間に投稿です。

台湾の観光地の一つといえば、迪化街です。
乾物屋、漢方薬屋、それに縁結びにご利益のあるとされる月下老人の台北霞海城隍廟が有名ですね。

霞海城隍廟の様子はコチラ↓ 228の休日なので多くの若者が参拝してます。
201702台北15

さて、今回は、この迪化街の一角で昨年12月にオープンした「 阿嬤家 和平與女性人權館(おばあちゃんの家 平和と女性の人権館) 」にもはじめて行ってきました。

人権館の入り口の様子はコチラ↓ 右側の通りは涼州街です。
201702台北12
もうすこし近づいたところはコチラ↓ カフェが併設されています。
201702台北11

この人権館の主たる展示は、台湾人(当時の国籍からすると日本人)の従軍慰安婦に関するものです。そのため、日本では「慰安婦博物館」や「慰安婦記念館」という俗称で呼ばれたりしているようです。

ここでの記録・展示は、台湾人従軍慰安婦関連の資料が中心です。しかし、ことを館の名称にあるようように、貧困や戦争の中で従軍慰安婦として過酷な人権侵害を受けた阿嬤たちをはじめとする、女性の人権問題を記憶し、理解し、そして広く考えるための施設として利用されることが意図されているようです。

展示の様子はコチラ↓ 2階常設展示の様子です。
201702台北14
「慰安婦」 阿嬤紀念空間の様子はコチラ↓ 慰安婦だった女性の名前が映し出されているそうです。
201702台北13

台湾人の従軍慰安婦問題が表面化したのは、1992年に日本の防衛研究所図書館で発見された3通の電報からだそうです。そのため研究がスタートして25年しかたっておらず、その一方悲惨な経験をした女性たちの中にはその間にも鬼籍に入られた方が少なくありません。

日本人の来館者も少なからずいるようですが(たまたまいたボランティアの女性は日本語が話せました)、展示や資料の説明に日本語がほとんど使われておらず、日台の相互理解のためには、さらなる充実が望まれます。

最後に、人権館の開設団体である婦女救援基金会のURLを備忘のために貼っておきます。
https://www.twrf.org.tw/tc/index.php

<台湾事後報告はもう少し続きます。>

Posted on 2017/03/03 Fri. 13:23 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

【台北事後報告①】今年も228紀念日の台北にいました 

研究室の庵主は入試業務の合間を縫って、3泊4日の台北の旅に行ってきました。
あっという間の昨日1日に帰国して、本日は無事に研究室に投稿しています。

さて、滞在3日目の2月28日は、国民党軍が台灣の人々を圧殺した228事件の紀念日ということもあって、人権を考えておきたい
庵主は毎年のように台湾を訪問しています。

お約束の台北二二八紀念館はコチラ↓ 政権交代もあってか少し展示が変わっています。
201702台北1

お約束その2の二二八国家紀念館はコチラ↓ 今日はイベントもなく静かでした。
201702台北2

台湾では、蒋介石を顕彰した中正紀念堂(台湾ツアーではお決まりの観光地です)の移転問題や2月28日の臨時休業問題があったので、今年は訪れてみました。

ちょうど台湾独立派国民党支持派が自由広場を挟んで対峙していりるところに遭遇。
国家図書館側から行ったので、庵主を含むご一行様は近くにいた台湾独立派の人々に迷い込んでしまいました。

台湾独立派の人々はコチラ↓ 庵主は外国人なので、どちらの支持者でもありません。
201702台北3

ここでどうでもよい一つ発見がありました。
独立派の人たちが生卵を門に投げつけていたところ、それが何ともいえず、臭い
投げる卵はきっと
腐った卵に違いない!!
ということです。
嫌がらせとして、これほど強力なものないですね。

台湾もウオッチしている知人によると、昨年台湾では国民党から民進党へ政権交代したものの、民進党政権がその後穏健な政策をとっていることから、蔡総統の支持率が低下傾向にあり、不満をもっている人たちが急進的な動きを始めているとのことです。
そのためか、総統府の前には厳重な警備が敷かれていました。

総統府につながる道路の様子はコチラ↓ 同行者みんなで今年は厳しいよねと会話が・・・
201702台北4

振り向くと2013年以来開催されている 共生音楽節 が今年も開催されていました。

ステージの様子はコチラ↓ 写っていないところにも若い人たちがたくさん。
201702台北5

<台北228事後報告は、明日以降まだ続けます>

Posted on 2017/03/02 Thu. 16:32 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

京都に同級生の作品を見にゆきました。 

今日は大阪で研究会があったので、関西に戻っている研究室の庵主です。
午後からは、同級生が出品している展覧会をのぞきに、京都に行ってきました。

今日の三条大橋からの京都北山方面はコチラ↓ さすがにカップルは座っていません。
20170218風景

さて、展覧会ですが、本の修復を手がける人たちが作った作品を展示しています。以前に拡散をお願いしたクラウドファンディングの関係です。
(訂正)⇒かの同級生から指摘があり、修復やさんと装丁やさんとは別の団体だそうです。同級生がたまたま両方に関係しているとのことでした。

展示場の中の写真も取らせてもらったのですが、一応掲載は遠慮しておきます。というか、データ設定を間違えて、タダで使っているこのブログには掲載できないサイズになってしまいました・・・

その代わり、展覧会の案内はコチラ↓ 漱石ってまた流行っているのかしらん。
201702展覧会

同級生は昔から創作力があったので、今回もナイスな作品を出品しておりました(写真できず残念)。


Posted on 2017/02/18 Sat. 19:39 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

甲府地裁平成民事判例の紹介(11)-平成18年12月20日判決 

今日も快晴の甲府です。
研究室の庵主は、今日から明日にかけて、甲府市湯村にある 塩澤寺 さんの 厄除け地蔵尊大祭 のご奉仕があります。それまでは、研究室でいろいろ作業をしております。

今朝の南アルプスの様子はコチラ↓ 湯村は右手前の山の裏側になります。
20170213風景

さて、今日取り上げる甲府地裁の民事裁判例は、抵当権者による担保不動産収益執行とショッピングセンターの賃借人(テナント)による相殺との優劣関係を争った 平成18年12月18日判決(民集63巻6号1066頁) です。
.
【事案】
 被告Y(日本トイザらス株式会社)は甲府市にあるショッピングセンターの一画を店舗として以下の条件で、賃貸人・訴外K社(甲府新都市開発株式会社)から賃借していた。
 ・賃借期間 平成9年11月19日から20年間
 ・賃料 月額735万円(税込) 毎月末日までに翌月分支払い
 ・保証金 3億1500万円 賃借開始から10年経過後から均等分割
 ・敷金 1億3500円
 賃借にあたり、被告Yは訴外Kとの間で、保証金と敷金を担保するため抵当権を設定し、その際訴外K社が他の債権者から差押等を受けた場合、被告Yによる通知催告なくても、保証金等について当然に期限の利益を失う旨の合意を行っていた。
 その後、平成18年2月に至り、訴外Kが固定資産税を滞納したことから、甲府市によって滞納処分としての差押えを受けた。保証金等が期限の利益が喪失したことから、被告Yは、同年3月28日到達の内容証明郵便によって保証金返還請求権と4月分の賃料を、同年4月12日到着の内容証明郵便によって保証金返還請求権と5月分以降の賃料を対当額が相殺する旨の意思表示を訴外Kに対して行った。
 一方、原告X(やしお債権回収株式会社)は甲府市にあるショッピングセンターの建物に抵当権(平成10年2月27日設定・登記)を有していたところ、債務者が債務を支払わなかったことから、ショッピングセンターの賃借料から債権の回収を図る担保不動産収益執行の申立てを行い、平成18年5月19日にその決定を受けた(同月23日登記)。
 原告Xは、被告Yに対し平成18年7月以降の賃料を請求したところ、被告Yが上記相殺により消滅したとして支払わないので、賃料の支払いを求めて提起したものが本件である。

【判旨】 原告Xの請求棄却
 裁判所は相殺の対象となった保証金の返還請求権と賃料について、次のように判示している。まず、保証金返還請求権は、賃借開始にあたり保証金が前払いされた日の翌日(原告Xの抵当権設定前)に被告Yが取得しており、滞納処分によって債務について期限の利益を喪失した平成18年2月16日の時点で訴外Kに対し返還を求めることができる状態になっていた。次に、賃料について、少なくとも賃料の前払いの合意のある本件では、被告Yはいまだ支払期限が到来していない賃料支払債務であっても、期限の利益を放棄して相殺に充てることができる。
 裁判所は、担保不動産収益執行の前に行った被告Yが行った将来の賃料に対する相殺は有効であって、被告Yの負担する「平成18年5月分から平成19年3月分までの賃料支払請求権は、本件相殺によって消滅していることとなる」とし、原告Xの請求には理由はないとした。

【紹介】
1.このショッピングセンターは、甲府市国母にあった「 グランパーク 」です。グランパークの略歴をWikipediaにから拾ってみると、次のようになります。ちなみに庵主も何度か前を通ったことがありますが、中に入ったことも、買い物をしたこともありません。
  1997年(平成8年)11月 開業
  2014年(平成26年)1月 トイザらス撤退
  2014年(同上)3月 閉鎖
  2015年(平成27年)10月 跡地にケーズデンキ甲府店が開店
  ※wikipediaのURLはコチラ→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF
2.グランパークには甲府市の多額の税金が投入されていたそうで(これもwikiネタ)、地方公共団体による投資失敗例ともされています。
3.この事件はその後最高裁判所にまで上告されました(最二判平成21・7・3民集63・6・1047。トイザらス勝訴)。この最高裁は結構有名な判決です。

----------------
<おまけ>
昨日行った甲州高尾山からの南アルプスの様子
20170213おまけ

Posted on 2017/02/13 Mon. 10:44 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017-03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31