長虫さんが出てくる季節になりました(備忘録) 

本日忙しさのタネになっていた、大阪での研究会報告が無事に終了したので、少し前のネタなのですが更新しておきます。

このゴールデンウイークの最終日、愛知県知立市にある 知立神社 にお参りしてまいりました。その目的は、長虫除け をいただくことです。ちなみに、長虫って、ヘビのことです。

ということで、いただいてきた長虫除けの御砂はコチラ↓ 初穂料200円ナリです。
知立神社

三河地方に土地勘のない庵主が知立神社に興味をもったかが、これは以前に読んだ 岡本綺堂『半七捕物帳』 に登場する 池鯉鮒(ちりゅう)様の蝮よけ蛇除け御符売り に心惹かれたからです。この御符売り云々(「うんぬん」ですよ)は、「 お化け師匠 」というエピソードに登場します。

ストーリーの概略は、ある日お化け師匠とあだ名される、評判の悪い踊りの師匠が絞殺されたところ、その死体には蛇が巻きついていたため、世間の人は彼女にいびり殺された養女の怨念のしわざだと噂しあっていた。しかし、そこは半七親分、この蛇が蛇除けの御符売りが商売のために飼っていた蛇と見破り、真犯人をひっとらえたというお話です。

ここで、半七親分の推理の部分を引用しておきます(底本は光文社時代小説文庫『半七捕物帳(一)』)。

「むかしは毎年夏場になると、蝮よけ蛇除けの御符売りというものが何処からか出て来るんです。有名な池鯉鮒様のほかにいろいろの贋いものがあって、その符売りは蛇を入れた箱を頸にかけて、人の見る前でその御符で蛇の頭を撫でると、蛇は小さくなって首を縮めてしまうんです。ほんとうの池鯉鮒様はそんな事はありませんが、贋い者になるとふだんから蛇を馴らして置く。なんでも御符に針をさして置いて、蛇の頭をちょいちょい突くと、蛇は痛いから首を縮める。それが自然の癖になって、紙で撫でられるとすぐに首を引っ込めるようになる。その蛇を箱に入れて持ち歩いて、さあ御覧なさい、御符の奇特はこの通りでございますと、生きた蛇を証拠にして御符を売って歩くんだといううことです。私がお化け師匠の頸に巻きついている蛇を見たときに、なんだかひどく弱っている様子が普通の蛇らくしないので、ふっとその蛇除けの贋いものを思い出して、試しに懐紙でちょいと押えると、蛇はすぐに頸を縮めてしまいましたから、さてはいよいよ御符売りの持っている蛇に相違ないと見きわめを付けて、それからだんだん手繰って行くうちに相手にうまくぶつかったんです。」


今年の夏は、例の御岳参詣道の関係で山に入ることになるかもしれないため、知立神社の長虫除けを入手しようとなりました。なかなかお参りできる場所でもないので、お礼参りや返納が必要な御札ではなく、御砂をいただきました。

知立神社の近くにあった石柱。池鯉鮒大明神 です。
知立神社

スポンサーサイト

Posted on 2017/05/20 Sat. 23:43 [edit]

CM: 1
TB: --

top △

講義準備と研究報告(言い訳) 

研究室の庵主は、また今週末に控えた研究報告の準備に追われています。
また、今年から内容変更になった(した)講義が前期に3つあるため、そちらの準備にも追われています。

以上、更新できていない言い訳でした。

長らく更新しないうちに、夏になってきた南アルプス方面です。
20170518風景

Posted on 2017/05/18 Thu. 22:09 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

甲府のノラ(重複御免)-猫編29号 

ゴールデンウイークでも、土掘っているニャ~。
区別がつかなくって、タイトル変更でも関係ないニャ~
ノラ29号

Posted on 2017/04/28 Fri. 10:10 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

御岳金櫻神社の大々神楽を参観してきました。 

昨日土曜日に以前にお話しした御岳参詣道を再興しようというグループの方に誘われて、御岳金櫻神社で催される大々神楽を参観してきました。今回は春の大祭(土曜日は前日祭、日曜が本番だったようです)。

境内から御岳の里はコチラ↓ 山里ではちょうどサクラが盛りでした。
20170422金櫻1

次第としては、まず一連の神事が行われた後(ここで地固めも場の清めも行われました)、いよいよお神楽の開始です。

まずは、さまざまの神様による舞が行われました。

戸隠の神
20170422金櫻2
天鈿女命
20170422金櫻3
御崎の神
20170422金櫻4

このあたりから演者さんの都合があって演目の順番が少し聞いていたのと変わってきました。

遍幣の舞? 道教・陰陽道の地固め「返閇」が訛ったものかもしれません。
20170422金櫻5

さらに、剣舞、四弓と続きました。いずれも清めの意味があるのでしょうか?
20170422金櫻6
20170422金櫻7

四弓で使用された矢の矢羽には「交通安全」とか「家内安全」との祈願文と一緒にお守りがついており、これを観客に向けて射っていました(実際はほとんど飛ばず・・・)。魔よけの弓の場合、弦で音を鳴らすことが行われるので、実際に射るっていうのは初めて見ましたが、あとで少し調べてみるとあちらこちらで行われているようですね。

金櫻神社では、神使が白狐と狼とされているそうです。このあたりも複合的な信仰の来歴を感じます。

で、お神楽では白狐の舞が行われます。狼に関する舞はあるのかしらん。
20170422金櫻8

この後、一番物語性があると思われるる稲田姫と大蛇が舞われ、クシナダヒメの持つ巻物をめぐる争いが演じられました。
20170422金櫻9

一旦は巻物を大蛇に奪われますが、スサノオ(?)によって取り戻され、クシナダヒメとスサノオは仲良く退場です。
20170422金櫻10

そして演目の最後は、大山祇が舞われ(過去の写真を見てもこの舞が最後のようです)、お餅撒に突入し、無事に大々神楽が終了に相成りました。所要時間は昼休憩を入れて、約4時間でした。
20170422金櫻11
20170422金櫻12

保存会のみなさんお疲れ様でした。

Posted on 2017/04/23 Sun. 15:51 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

甲府のノラ-猫編28号 

淡島様とネコだニャ~

ノラ28号

Posted on 2017/04/13 Thu. 10:55 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

新学期と研究報告のダブルパンチ 

研究室の庵主の大学では、本日12日から新学期の講義が始まりました。
共謀罪」法案にも文句が言いたいし、妖怪法学概論をはじめたいしと、そろそろ更新したいと思いつつ、新学期から新しい担当講義が始まったことと、週末に迫った研究報告の準備のダブルパンチのために更新できません。

昨日南アルプスの山の上では雪が降ったようなので、お山の写真だけアップしておきます。

今朝の南アルプスはコチラ↓ 記事なし恐縮です。
20170412風景

Posted on 2017/04/12 Wed. 18:18 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

甲府のノラ-猫編27号 

春だというのに、目つきが悪いニャ~

ノラ27号

Posted on 2017/04/01 Sat. 09:39 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

2017-05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31